サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産の米国販売、ムラーノ などSUV 3車種が好調 2020年第1四半期

ここから本文です

日産の米国販売、ムラーノ などSUV 3車種が好調 2020年第1四半期

日産自動車(Nissan)の米国部門の北米日産は4月1日、2020年第1四半期(1~3月)の米国新車販売の結果を発表した。総販売台数は25万7606台。前年同期比は29.6%減と引き続き落ち込む。

全販売台数25万7606台のうち、日産ブランドは23万2048台。前年同期比は30%減と2年連続のマイナスだ。その内訳は、乗用車が前年同期比37.5%減の9万2081台と減少傾向。SUVなどのライトトラックも、24.1%減の13万9967台と、2年連続のマイナスとなった。

日産ブランドの乗用車系では、主力車種の『アルティマ』が、4万7347台。前年同期比は8%減と、引き続き落ち込む。『セントラ』は2万3879台を販売。前年同期比は58%減と2年連続で前年実績を下回った。『ヴァーサ』は1万2176台にとどまり、前年同期比は51.3%の大幅減。大型セダンの『マキシマ』は、42.2%減の6102台と、引き続き落ち込んだ。EVの『リーフ』は、前年同期比27.1%減の1958台と後退した。

ライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、小型SUVの『ローグ』(日本名:『エクストレイル』に相当)が、5万9716台を販売し、日産ブランドの最量販車を維持。ただし、前年同期比は36.3%減と2年連続のマイナスだ。大型ピックアップトラックの『タイタン』は、40.8%減の5732台と引き続き減少した。

そんな中、SUVの『ムラーノ』は、前年同期比33.7%増の1万5683台と、2年ぶりに前年実績を上回った。中型SUVの『パスファインダー』も、4.3%増の1万8092台と堅調。小型SUVの『キックス』も、11.6%増の1万3969台と、2桁増を達成している。

日産自動車の2019年の米国新車販売台数は、134万5681台。前年比は9.9%減と、2年連続で前年実績を下回っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します