サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ACC」のせいというウワサも! 高速でやたら「ブレーキランプ」が連灯するクルマを見かけるワケ

ここから本文です

 ブレーキランプの連灯は周囲にも危険が及ぶ!

 ブレーキを踏むと点灯するのがブレーキランプ。目的としては減速を後続車に知らせることで、衝突を防ぐためというのは誰でも知っていることだろう。もしなかったとしたら、事故頻発だ。ただ、問題はやたらとブレーキを踏む、つまりブレーキランプが過剰に点灯することで、パカパカとやたら光るクルマを見かけることがある。

なぜだか近ごろやたらと目立つ! 後続車に「大迷惑」な前走車の違反行為6選

 実際に後ろに着くとかなり迷惑で、最初はまじめに一緒にブレーキをかけていても、すぐにただ踏んでいるだけだとわかるので、あまり取り合わなくなるが、とても気になる。

おすすめのニュース

サイトトップへ