サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRCギリシャ:トヨタの新鋭ロバンペラが2勝目。オジェはタイトル争いのリード拡大

ここから本文です

 9月9日から12日にかけて開催された世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリー・ギリシャ。優勝はトヨタのカッレ・ロバンペラだった。

 弱冠20歳のロバンペラは、ラリー・ギリシャ最終日となるデイ4を総合首位でスタート。デイ3までの3日間でも、ロバンペラはベストタイムを連発しており、2番手のヒュンダイのオット・タナク組に対して30.8秒のリードを築いて最終日を迎えた。

■WRCラリージャパン、2021年大会の開催断念を発表「2022年に開催できるよう尽力」

 デイ4でも、ロバンペラは遺憾なく速さを発揮した。ボーナスポイントを得られる最終パワーステージを優勝。総合2位のタナクに対して42.1秒までリードを広げ、第7戦エストニア以来となる2勝目を挙げた。

おすすめのニュース

サイトトップへ