サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルグワーナー、フォード マスタング EV 向け駆動システム生産へ

ここから本文です
ボルグワーナー(Borg Warner)は8月5日、フォードモーターの新型EV、フォード『マスタング・マッハE』向けに、高出力インテグレーテッド・ドライブ・モジュール(iDM)を生産すると発表した。

iDMには、ボルグワーナー独自の熱管理システムや変速機の他に、他社製モーターとパワーエレクトロニクスが一体化されている。従来のボルグワーナー「GearDrive」ユニットとは異なり、iDMは平行軸変速機を採用せず、代わりに電気モーターと同軸に動力を出力する同心軸変速機を採用し、よりコンパクトなパッケージを実現した。

おすすめのニュース

サイトトップへ