サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルグワーナー、フォード マスタング EV 向け駆動システム生産へ

ここから本文です

ボルグワーナー、フォード マスタング EV 向け駆動システム生産へ

ボルグワーナー(Borg Warner)は8月5日、フォードモーターの新型EV、フォード『マスタング・マッハE』向けに、高出力インテグレーテッド・ドライブ・モジュール(iDM)を生産すると発表した。

iDMには、ボルグワーナー独自の熱管理システムや変速機の他に、他社製モーターとパワーエレクトロニクスが一体化されている。従来のボルグワーナー「GearDrive」ユニットとは異なり、iDMは平行軸変速機を採用せず、代わりに電気モーターと同軸に動力を出力する同心軸変速機を採用し、よりコンパクトなパッケージを実現した。この高性能変速機は、4278Nmの軸トルクと、最大1万3800rpmの入力速度に対応しており、効率の高い、滑らかな乗り心地を可能にするという。

さらに、ボルグワーナーは一体化されたパークモジュールを開発し、iDMシステム全体に適切な熱管理を施せる効率的な冷却と、潤滑システムを開発するなど、すべてのコンポーネントを一つのコンパクトなアセンブリ内に納めることに成功した。

ボルグワーナーのiDMは、適応性の高いアーキテクチャにとどまらず、高度なインテグレーション、高いシステム効率と最適化されたNVH(ノイズ、振動、ハーシュネス)特性も実現した。iDMはマスタング・マッハEのRWDとAWDに駆動力を供給できる。AWDの「GT」仕様では、ボルグワーナーは前輪にも動力を供給するセカンダリドライブユニットを供給する。なお、生産開始は、2020年内を予定している。

ボルグワーナーは、iDMの拡張性やモジュール化に関する豊富なノウハウを活用することにより、ボルグワーナーはフォードモーターの厳しい性能要求を満たす専用のドライブモジュールの開発に成功した、としている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します