サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Moto2フランス初日:ロウズ初日首位スタート。小椋藍はQ2進出圏内の総合7番手

ここから本文です

 ブガッティ・サーキットを舞台に行なわれているMotoGP第5戦フランスGP。Moto2クラスの初日の走行が行なわれ、サム・ロウズ(Elf Marc VDS Racing Team)が総合トップタイムをマークした。

 フランスGPはレースウィークを通じて悪天候が予想されていたが、初日は午後に向かってコンディションが改善。FP1でも既に路面は乾きつつあったが、FP2は完全にドライコンディションでの走行となった。

■〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:自己ベストより嬉しい7位フィニッシュ。課題は“ムリ”の使いドコロ?

 初日の総合トップタイムをマークしたのは、今シーズン好調な走りが続いているロウズ。タイムは1分36秒307だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン