サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ベントレー、ミュルザンヌの生産を終了 伝統の6.75Lの歴史にも幕

ここから本文です

英ベントレー・モーターズは6月25日、フラッグシップサルーン「ミュルザンヌ」の生産終了をアナウンスした。

2009年に登場したミュルザンヌは、伝統の6.75L(シックス・アンド・スリークォーター)V8エンジンを搭載する大型セダン。今回の生産終了により、このアイコニックな8気筒も終焉を迎えることとなる。

6.75Lユニットの原点は、1959年に登場した「ベントレー S2」まで遡ることができ、21世紀のこんにちまで1基当たり15時間以上をかけ、クルー工場のマイスター達が文字どおり手組みで作り上げてきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ