サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スカイラインよどこへ行く 超名門車の現状と行方

ここから本文です

 今の20代に「日産を代表するクルマは何ですか?」と質問したら、きっと「リーフ」や「ノート」、「セレナ」と答えるのでしょう。

 しかし、50代の人へこの質問をしたら、間違いなく上位に入ってくる車種が「スカイライン」です。

極悪燃費で存続に暗雲!? 新基準燃費 国産車ワースト10

 スカイラインはかつて、日産の顔とも言えるクルマでした。しかし今やその影は薄く、2020年累計販売台数は3891台、平均月販台数はわずか324台です。かつては5年間で67万台を販売(4代目いわゆるケンメリ、GC110)した人気モデルだったのです。

 スカイラインはなぜ、このような販売台数になってしまったのでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン