サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型メルセデス・ベンツCクラス・オールテレーンへ試乗 伝統の能力+走破性 後編

ここから本文です

オフロード・モードで高められた走破性

新モデルとなるメルセデス・ベンツCクラス・オールテレーンは、通常のCクラスより車高が高く、重心位置も高い。そのためコーナリングでは、ボディの動きが増えがちだ。

<span>【画像】新型Cクラス・オールテレーン ステーションワゴンのクロスオーバーはほかにも 全88枚</span>

積極的にカーブへ侵入すると、前後方向へ傾くピッチも、横方向へ傾くロールも、Cクラス・ステーションワゴンより大きい印象。スポーツ・モードを選んでいても。

そのかわり、乗り心地はしなやか。試乗車にはオプションのアダプティブダンパーが組まれていたが、低速域での細かな入力も即座に吸収してくれていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ