サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > すでに合法化しているクルマのミラーレスシステム。後方を映すモニターの正解位置は?

ここから本文です

すでに合法化しているクルマのミラーレスシステム。後方を映すモニターの正解位置は?

2016年より保安基準で認められるようになったクルマのミラーレス化。ドアミラーなどの後写鏡をカメラで代替できるようになったわけですが、なかなか量産車でドアミラーレスにチャレンジしているクルマは出てきません。

ルームミラーをカメラと映像で置き換えるといったアイテムは、すでに複数メーカーから市販モデルに採用されていますし、カメラの性能面など技術自体には問題はないはずです。

新型ジムニー登場直前最新情報 いよいよ秒読み わかっていることすべて

それほど実現化のハードルは低いと思われる「カメラモニタリングシステム(CMS)」ですが、保安基準で認められてから2年を経ても一向に市販の様子がありません。ようやく、アウディが電気自動車e-tronにCMSを設定するとアナウンスをしましたが、ごく一部にとどまっています。

しかし、CMSの普及の前にやるべきことがあります。それはドアミラーの代替としてカメラを置くところまではよいとして、その映像を映し出すモニターをどこに配置するかという問題です。そうしたヒントが、「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」の会場にありました。

電子ルームミラーがそうであるように、ミラーの位置はそのままにディスプレイ化するというアイデアを出していたのはヴァレオ・グループの市光工業。ドアミラーの中に小型カメラを仕込み、ミラーをディスプレイ兼用として映し出すことで、従来の感覚でドライブできると同時に、反射を利用するミラーよりも視野を広げることも期待できますし、ディスプレイ上に警告を出すことも可能になります。しかし、この手法ではCMSのメリットである空気抵抗の低減には、ほとんど寄与しません。

では、インパネにCMS用モニターを置くとしたらどうなるのか、どの程度のサイズが必要なのか。ひとつの解は、京セラがGLMの電気自動車「トミーカイラZZ」をベースに作り上げたコンセプトカーにありました。インパネに大型ディスプレイを配置、そこに左右の状況を映し出すというものです。

ただし、これは慣れ親しんだ視線移動とは異なりますし、高速道路における車線変更のようなシチュエーションで利用するならまだしも、縦列駐車などで利用するには、かなりの慣れが必要と感じます。もちろん、最初からこうしたCMSを利用する世代にとっては、「慣れ」というのはまったく逆の意味になるでしょう。そして、駐車支援システムは普及しつつありますからミラーで位置を合わせて駐車するという発想自体が時代遅れなのかもしれません。

いずれにしても、CMSのモニターをどこに置くのか、というコンセンサスが得られなければ、一気に普及することは難しいといえそうです。

(文:山本晋也)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します