サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 絶滅危惧車のBMW 760Liで、V12エンジンが生み出す圧倒的なパワーを味わうべし!

ここから本文です

もはや絶滅寸前の12気筒エンジン

1987年、BMWが4世代前の7シリーズに排気量5Lの12気筒エンジンを搭載したときは、センセーションを巻き起こした。

過去の『絶滅危惧車』シリーズを見てみる

最高出力300ps、中間加速は同時期のポルシェ 911ターボと互角というパワフルなものだった。

この12気筒エンジンを搭載した、750iならびにロングホイールベース版の750Liは、合わせて4万8000台以上が売れた。

触発されたメルセデス・ベンツも12気筒エンジンの投入を始め、やがてアウディもこの12気筒戦争に加わった。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン