サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いつかまた乗りたい? これからの人生で今が一番若いんですぞ!! 「リターン」にお薦めバイク15選

ここから本文です

いつかまた乗りたい? これからの人生で今が一番若いんですぞ!! 「リターン」にお薦めバイク15選

 コロナ禍でプライベートな移動手段として注目されているバイク。「そういえば若い頃にはバイクに乗ってたなぁ」と遠い目をしているおじさん&おばさんのクルマユーザーのアナタ! 

 そんなアナタに今こそ乗ってほしいバイクを集めてみました。リターンライダーになりませんか?

新型シビック北米発表 どこへゆくシビック、どこへゆくホンダ!? 日本市場はもう諦めたか??

 モンキー125やCT125・ハンターカブ、ダックス125といった人気急上昇中の125ccから、昔の限定解除、大型自動二輪免許が必要な400ccオーバークラスまで、リターンライダーにお薦めのバイク15台を一気に紹介していこう。


文/高橋剛 市本行平
CG/SHIN GRAPHIC(ダックス125)
写真/HONDA YAMAHA SUZUKI KAWASAKI MIYASHINO

【画像ギャラリー】もう一度乗りたい! リターンライダーへのお薦めバイクを一挙公開!

おじさん&おばさんがバイクへリターンする際の注意点

クルマユーザーの方、バイクに戻ってみませんか? 

 オススメのバイクを紹介する前に、これからバイクへリターンするおじさん&おばさんたちへ、注意すべきポイントを挙げてみたい。


■その1/体は確実に鈍っています

 体力も反射神経も年齢とともに確実に低下しています。子供の運動会の保護者徒競走に喜び勇んで出場したものの足がもつれてスッ転ぶぐらいなら笑いごとで済ませられますが、バイクでの転倒は事故となる。

 若い時と、おじさん&おばさん化した今とでは体さばきがまったく異なることを自覚し、無理のないバイクライフを。


■その2/見栄を捨てましょう

 バイクにステータスを求めるといいことはありません。バイクは、乗り手の運動能力が大きく影響する乗り物。

 ザックリ言えば、下手な人が乗るとバイクのリスクは高まり、上手な人が乗ればリスクは下がる。久々のバイクで、腕に自信がないのに見栄で高性能なバイクを選ぶと、リスクは極めて高まるので注意が必要だ。


■その3/自由時間はあまりありません

 夜通し走り続けたり、はるか遠くまで出かけたりと若い頃は金がなくても時間はあった。バイクは退屈な日常から長く、遠く逃れる手段だった。

 でも今やアナタも立派なオトナ。もう日常からは逃れられない。バイクに乗る時間も限られている。近くて短時間でも楽しめるバイクを選ぶことが、幸せの近道。


■その4/残された時間もあまりありません

 人生は一度きり。そして時間は不可逆。「バイクに乗りたい」と思った時に乗らずに、いつ乗るのか?

 あれこれ考えると尻込みしてしまうが、考えずに飛び込めばなんとかなるもの。生活に負担をかけない程度に、趣味としてほどよくバイクを楽しめるぐらいの隙間はきっとある。アナタの意志次第。

【125cc以下級】趣味のライダーでも満足できるモデルが続々登場!

 さて本題に入ろう。まずは125cc以下級からオススメバイクから。125ccクラスのバイクは、燃費がよく、車検もなく、ランニングコストもあまりかからない。

 110ccや125ccスクーターといった排気量125ccまでの原付2種スクーターに乗るには「普通二輪小型AT限定免許」が必要だが、2018年7月に道交法が改正され、普通自動車免許を所持していれば、最短2日で取得できるようになった。

 50cc並みに維持費が安く、30km/h規制や二段階右折義務から解放される125ccクラスは、通勤通学にも大人気のカテゴリーとなっている。

 またクルマの任意保険に付帯するファミリーバイク特約を利用でき、保険料は激安なため、クルマユーザーにお薦めのバイクだ。ただし、高速道路に乗れないのがデメリットか……。

アウトドアテイストで時流に乗れ/ホンダCT125・ハンターカブ

ホンダCT125・ハンターカブ。価格44万円(ABS付)。空冷4ストロークSOHC単気筒124cc、8.8ps/1.1kgm、WMTCモード燃費67.2km/L(クラス1)。AT小型限定普通二輪免許

 CT125・ハンターカブは、納車まで半年待ち、なんていう話も聞く今一番アツいバイク。その名の通り実用車の代名詞、カブがベースで、歴史を遡ると1970~1980年代にまで行き着く。

 それなのに実用くささや、古くささをまったく感じさせないガジェット感たっぷりの作りが魅力で、アウトドアブームにも後押しされて大人気となった。

 イマドキっぽいのに実は由緒正しくて安定感たっぷり、という歌舞伎俳優尾上松也のような存在。125ccの気軽さも人気を呼んだ。

※WMTCモード燃費値(1名乗車時)は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果に基づいた計算値。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類される。

50ccから125ccになっておじさんも楽しめる1台に/ホンダモンキー125、ダックス125(発売予定)

ホンダモンキー125。価格:40万7000円、44万円(ABS付)。空冷4ストロークSOHC単気筒124cc、9.4ps/1.1kgm、WMTCモード燃費67.1km/L(クラス1)。小型限定普通二輪免許

ホンダダックス125のスタイルを予想(CGイラストは編集部が制作したもの)。2018年のモンキー125、スーパーカブC125、2020年のCT125ハンターカブに次ぐホンダ125ネオクラシリーズの第4弾となる。予想価格:44万円(ABS付)。小型限定普通二輪免許

 初代モンキーは1967年発売(公道版)、初代ダックスは1969年発売。いずれも50ccの「遊べる原チャリ」として超ロングセラーとなったから、バイク乗りなら誰もが知る超有名ドコロだ。

 リバイバルされた最新モデルは、原型の味わいを残したデザインながら、いずれも125ccに排気量アップ。

 おじさん&おばさんが乗っても恥ずかしくない堂々とした車格と、おじさん&おばさんが乗ってもラクチンなゆとりのポジションを獲得した。

 そして、1969年にデビューし、国内では1983年まで販売されていた50cc/72ccのダックスホンダは「ダックス125」になって復活する!

 モンキー125やCT125ハンターカブに続くホンダ125ccネオクラシックシリーズに、新たな一台が加わることになる。国内では2021年夏頃に発売の見込まれている。

不安だらけなら三輪一択!/ヤマハトリシティ125

ヤマハトリシティ125。価格:42万3500円、46万2000円(ABS付)。水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒124cc、12ps/1.2kgm、WMTCモード燃費43.6km/L(クラス1)。AT小型限定普通二輪免許

 ヤマハトリシティ125は「めざせ! 転ばないバイク」と銘打ち、ヤマハが満を持してリリースした前2輪、後ろ1輪の3輪車。

 車体を傾けてコーナリングするなど、操縦感覚の爽快さはあくまでもバイク。前2輪の恩恵によってブレーキングや段差を乗り越える時、雨の時などの安定感、安心感はかなり高い。

 ヤマハは3輪に注力しており、トリシティは155ccと300ccをラインナップ。さらに兄貴分として845ccのナイケンも。ちなみに、やりすぎると転びます。

【126~250cc級】いざ所有すると車検がないメリットは大きい

 126cc以上250cc以下の排気量は、普通自動二輪免許、いわゆる中免が必要になるが、高速道路を走ることができ、なおかつ車検がないというメリットを持つ。

 ほぼフルサイズの堂々とした車格ながら扱いやすいモデルが多く、日本の公道にベストマッチする。

アドベンチャー気分をお気軽に/スズキVストローム250

スズキVストローム。価格:61万3000円(ABS付)。水冷4ストロークSOHC2バルブ2気筒248cc、24ps/2.2kgm、WMTCモード燃費31.6km/L(クラス2、サブクラス2-2)。普通二輪免許

 クルマでいうSUVが、バイクでのアドベンチャーカテゴリー。実際に野山を冒険しないまでも、どこでも行けそうな雰囲気がたまらない。

 しかし、ガチのアドベンチャーは1000cc超級の巨漢揃いで乗りこなしも大変だ。そこへきてVストローム250は、アドベンチャーらしいテイストながら250ccならではの気軽さで乗り回せる。

 低中回転域を重視したエンジンは24psと控えめで、手の内で転がせる感じがイイ。

気兼ねなく回せる超高回転エンジン/カワサキNinja ZX-25R

カワサキZX-25R Ninja ZX-25R。価格:82万5000円~91万3000円(ABS付)。水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒249cc、45ps(ラムエア加圧時46ps)/2.1kgm、WMTCモード燃費18.9km/L(クラス3-2)。普通二輪免許

 並列2気筒や単気筒がほとんどの250ccクラス。久々に登場したZX-25Rの並列4気筒エンジンは、1万7000rpm以上回る、まさに走る精密機械だ。

 ……なんて書くと超高性能マシンのようだが、ZX-25Rの良さはさほど速くないこと。

 超高回転まで気持ちよくブン回しても、そこは250cc、たいしてスピードは出ないのでいろんな意味で安心だ。カッチリとストッパーに当たるまでアクセルをひねられるのは快感!

最高にちょうどいいホンダ・バイク版/ホンダレブル250

 実は今、日本で一番売れているバイクがこのレブル250なのだが、メカニズム的なトピックスのなさは一級品。

 突出した”何か”が見あたらない。それもそのはず、めざしたのは「最高にちょうどいいホンダ」のバイク版。

 すごくいいワケじゃなく、かといって不足もないという絶妙バランスだ。スタイルのクールさもあるが、両足ベッタリの足着き性の良さや、単気筒エンジンの「そこそこな感じ」が、若者を中心に受けた要因だろう。

ホンダレブル250。価格:59万9500円(ABS付)。水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒249cc、26ps/2.2kgm、WMTCモード燃費34.1km/L(クラス2-2)。普通二輪免許

【251~400cc級】無理に大型に乗らなくても近い満足感が得られる

 要中免、要車検。本格的なバイク趣味の登竜門だ。そこそこパワーも出てくるので、それなりの装備や心構えや出費が必要。

 ただし、イマドキのヨンヒャクはかなりデキがよく、乗りやすい。

こだわりのキックスタート/ヤマハSR400

ヤマハSR400。価格:58万3000円。空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒399cc、24ps/2.9kgm、WMTCモード燃費29.7km/L(クラス2、サブクラス2-2)。普通二輪免許

 ほとんどのバイクは、ボタン1発でエンジンがかかるセルスターターを当たり前に装備している。

 ところがどっこい、SR400は古き良きキックスタートを採用。キックペダルを踏み下ろす時、ライダー気分は最高潮に高まるだろう。

 こだわりがあるように見られる、というメリットも。1978年の登場以来、基本的な姿形が変わっていないという意固地さもライダーっぽい。

 間もなく生産終了がウワサされており、新車購入は最後のチャンスになるかも。

“ちょいスポーツ”を味わえる/カワサキNinja400

カワサキNinja400。価格71万5000円~72万6000円(ABS付)。水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒398cc、48ps/3.9kgm、WMTCモード燃費24.8km/L(クラス3-2)。普通二輪免許

 フルカウルが装着されているというだけで、かなりの本格的レーサーっぽさを醸し出しているニンジャ400だが、並列2気筒エンジンの特性はマイルドで扱いやすい。

 ポジションもアップライトでラクチン快適だ。本気でサーキットを走るにはエンジンも車体もいろいろもの足りなくなるが、街乗りなら十分。

 ヨンヒャクという排気量も相まって、バイクでちょっとスポーツしてる感を演出するにはピッタリだ。

コレに乗っときゃ間違いない!/ホンダCB400 SUPER BOL D’OR

ホンダCB400 SUPER BOL D’OR 。価格:88万4400円~92万8400円(ABS付)。水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒399cc、56ps/4.0kgm、WMTCモード燃費21.2km/L(クラス3-2)。普通二輪免許

 清く正しく美しい、ニッポンのバイクの鑑。過不足のない動力性能、しなやかで動きが分かりやすいサスペンション、正統派と呼ぶにふさわしい端正なフォルム。

 装備は細部まで高品質で、SUPER BOL D’ORはフェアリングが装備され高速道路巡航もラクにこなす。

 どこを取っても非の打ち所がない……のが唯一の欠点。「わざわざバイクに乗るのに安パイを選ぶなんて」という気もするが、この安心感は他に代え難い。

【400cc超級】昔の大型に比べると軽くて扱いやすいが速いので注意

 要大型自動二輪免許、昔の言い方なら「限定解除」。警察の免許センターでのみ取得できたが、1995年以降は教習所でOKになった。

 ビッグバイクと呼ばれる通り、パワー、車格ともにかなりビッグ。要車検、要自制心。

MTは苦手だけどATもイヤなら/ホンダNC750S DCT

ホンダNC750S DCT(6速DCT)。価格82万6100円~84万2600円(ABS付)。水冷4ストロークSOHC4バルブ直列2気筒745cc、54ps/6.9kgm、WMTCモード燃費28.3km/L(クラス3-2)。AT限定大型二輪免許

 99%はATというクルマ界とは逆に、バイク界はほぼMT。シフトチェンジのヨロコビはバイクライディングの醍醐味でもある。

 だが、よりイージーにバイクを楽しみたい層が増えているのも確かだ。ホンダのDCTは、クルマでもお馴染みの“あの”DCT”(デュアル・クラッチ・トランスミッション)。

 クラッチ操作なしのシフトチェンジが可能で、走行フィーリングもダイレクトだ。せっかくバイクに乗るならATはイヤ。でも今さらMTもめんどくさい、というワガママな人向け。エンジンはマイルドだ。

怖い顔して実は優しいビッグバイク入門車/ヤマハMT-07

ヤマハMT-07。価格:79万2000円(ABS付)。水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒688cc、73ps/6.9kgm、WMTCモード燃費23.9km/L(クラス3、サブクラス3-2)。大型二輪免許

 ド迫力揃いのビッグバイクにあって、ふんわりと包み込んでくれるような優しいバイクがMT-07だ。

 MTとは「マスター・オブ・トルク」の略。激しめのネーミングでルックスもゴツゴツといかついが、いざ走り出してみれば待っているのは穏やかな世界。

 軽い車体に穏やかなトルク特性のエンジンが搭載されているので、カジュアルにライディングできる。ハンドリングはニュートラルでどこにもクセがない。

昔のフンイキで出ています/カワサキZ900RS、カワサキMEGURO K3、スズキKATANA

カワサキZ900RS。価格:135万3000円(ABS付)。水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒948cc、111ps/10.0kgm、WMTCモード燃費20.2km/L(クラス3-2)。大型二輪免許

カワサキMEGURO K3。価格:127万6000円(ABS付)。空冷4ストロークSOHC4バルブ並列2気筒773cc、52ps/6.3kgm、WMTCモード燃費21.1km/L(クラス3-2)。大型二輪免許

 「昔はさぁ」と語りを入れたいならこの3台。カワサキZ900RSは、伝説の名車であるZ1やZ2をオマージュして作られたモデル。

 カワサキMEGURO K3は、1926年に設立された日本初のスポーツバイクブランド“メグロ”の伝統を現代に蘇らせた。

 スズキKATANAは、日本刀をモチーフにしたデザインをまとい1981年に発売されたGSX1100Sカタナの現代版だ。

 いずれもルックスこそレトロだが中身は最新鋭。特にKATANAはハイパフォーマンスなので切れ味に注意。

スズキKATANA。価格:154万円(ABS付)。水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒998cc、148ps/10.9kgm、WMTCモード燃費19.1km/L(クラス3、サブクラス3-2)。大型二輪免許

15台のバイクを見てきましたがお気に入りのバイクは見つかりましたか?

【画像ギャラリー】もう一度乗りたい! リターンライダーへのお薦めバイクを一挙公開!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します