現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 市場から姿を消せば悲劇 トヨタGR86へ英国試乗 稀有なドライビングマシン 前編

ここから本文です

市場から姿を消せば悲劇 トヨタGR86へ英国試乗 稀有なドライビングマシン 前編

掲載 11
市場から姿を消せば悲劇 トヨタGR86へ英国試乗 稀有なドライビングマシン 前編

英国の割り当て台数は90分で完売

たった90分だった。英国へ正規導入されるGR86の、2年間のキャパをトヨタが売り切った時間だ。それ以降、今のところ英国のディーラーに並ぶ予定はない。

【画像】絶滅危惧種になった2ドアクーペ GR86 トヨタ・レクサス・マツダ・日産のモデルを比較 全136枚

理由は、EUがクルマの安全性や環境負荷の改善を取り決めた、GSR規制のB基準が施行されると、GR86を販売できなくなるため。基準に合致するよう、改良を加える必要が出てくる。

追加導入もあるかもしれないが、限られた数の奪い合いになるだろう。見事に契約へ取り付け、1000ポンド(約16万円)の手付金を払い終えた430名と噂される英国人は、自身の結果を讃えて良いだろう。

今後、中古車市場に出てくるGR86には、プレミアが付いて不思議ではない。限定生産のフェラーリとは違うトヨタのクーペだが、想像に難くない。

エンジンの最高出力は、最新のフォルクスワーゲン・ゴルフGTIより低い。しかし、クルマ好きの心を想像し、それに応えるクルマを創造し、堅実な価格設定を与えることができれば、需要はスーパーカーとは比べ物にならなないほど高くなる。

英国の場合、マニュアル・ギアのGR86のお値段は、2万9995ポンド(約479万円)から。最新モデルの価格としては、間違いなくお手頃といえる。多くのドライバーが欲しいと考えても、まったく不思議ではない。

2+2クーペのシルエットに2.4Lボクサー

それでは、手付金を支払った限られた人が楽しめるGR86とは、どんなクルマなのか。突き詰めれば、2012年に発売され少なくないドライバーを魅了した、トヨタGT86(86)の進化版といえる。

先代が英国市場で売れた数は、9年間に7500台。赤字ではなかったにしろ、利益率は低かったはず。しかし、われわれのためにトヨタが行動したという事実が、大きな見返りを生んだと思う。

GT86は、その後のスープラとGRヤリスへの布石になった。このGR86への足がかりにもなった。モデル開発に関わったガズーレーシングのGRというイニシャルは、大きく認知度を高め、一目置かれる存在にもなっている。

さて、新しいGR86を眺めてみよう。サイドシルエットは、フロントエンジン・リアドライブの2+2クーペらしい。先代で称賛を集めた水平対向の1998cc自然吸気エンジンは、大幅に改良が加えられ、低いボンネットの内側に納まっている。

車両構造上、幅の広いエンジンのストロークを伸ばすことは難しく、シリンダーの内径、ボアが拡大されている。オーバースクエアとなり、排気量は2387ccになった。

それに伴い、コンロッドやクランクシャフト・ピンは強化品へ変更。インテークマニホールドやインテークバルブ、バルブスプリング、スロットルボディも新設計だという。

結果として、最高出力は英国仕様で199psから234psへ増強。最大トルクは20.8kg-mから25.3kg-mへと、明確に引き上げられている。従来どおり、ターボチャージャーは備わらない自然吸気だ。

ブレーキとパワステは先代から続投

豊かなパワーを得るには高い回転数まで引っ張る必要があるが、そのかわり車重も軽い。先代から37kg増えたとはいえ、1276kgしかない。トヨタによると、同じスペックで揃えることができれば、実質は10kg減量したそうだ。

2代目への進化で、おそらく一番大きい違いがこのエンジンだといえる。トランスミッションは、マニュアルもオートマティックもギア比が変更され、タイヤもハイグリップなものになったが、それ以外の変化の幅は比較的小さい。

ディスクブレーキと電動油圧パワーステアリングは、先代からのキャリーオーバー。トルセン式のLSDは、冷却用フィンが追加されたが、内容自体は同じだ。

車内空間は相変わらずタイト。先代譲りの優れた視界と、サポート性の良い見慣れたシートが与えられている。着座位置は5mm下げられた。ドライビングポジションは完璧で、こっそりストリートレースを興じたくなってしまう。

インテリアは、ダッシュボードがソフト加工され、全体の仕立ても向上しているものの、まだコスト重視のプラスティックが支配的。質感でいえば、マツダMX-5(ロードスター)の方が上だ。

それでも、強く不満を抱くことはないはず。ダッシュボード中央にはタッチモニターが据えられ、アンドロイド・オートとアップル・カープレイに対応。後付け感があるとはいえ、アルカンターラも一部に施されている。

剛性が大幅に高められたシャシー

シャシーの基本設計は10年前となるが、ねじり剛性は大幅に高められている。ボンネットにも補強材が追加されている。締結するボルト類も強化され、フロント側の横方向の剛性は60%も向上した。

フロント・サスペンションとサブフレームの間には、ブレースを装着。フロントタイヤへ掛かる負荷を巧みに分散し、ステアリングの一貫性を高める効果があるという。

リア側では、サスペンション・マウント部分を強化。後部座席の背もたれ部分を上下に補強する、フルリングとトヨタが呼ぶブレース構造も取り入れることで、こちらも剛性を50%高めている。

エンジンの最大トルクが増えたため、リアのアンチロールバーは強化されたサブフレームへ直接固定。ロール剛性も増した。

タイヤは、先代からシリアス方向に振られた。ミシュラン・プライマシーではなく、グリップ力の高いパイロットスポーツ4が組まれる。ただし、幅は215と細いまま。過度にグリップ優先の設定ではない証拠だ。

予習はこのくらいにして、今回の試乗場所はスペイン南部。モンテブランコ・サーキットと、周辺の一般道というメニューが用意されていた。

どちらも路面状態が良く、英国や日本のように、ツギハギやワダチの多い環境ではどんな乗り心地なのか把握が難しかった。それでも、根底にある特性は充分に理解することができた。

2代目でも、ラップタイムを削るような尖った性格にはなっていない。本来の良さが失われることはなかった。

この続きは後編にて。

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

メルセデスAMG GT、612馬力の「63 PRO 4MATIC+」発表
メルセデスAMG GT、612馬力の「63 PRO 4MATIC+」発表
レスポンス
できることを想像するだけで楽しくなるコンセプトモデル!【スズキ SUZU-RIDE/SUZU-CARGO(コンセプトモデル)】竹岡 圭のビリーヴカー インプレッション
できることを想像するだけで楽しくなるコンセプトモデル!【スズキ SUZU-RIDE/SUZU-CARGO(コンセプトモデル)】竹岡 圭のビリーヴカー インプレッション
Believe Japan
真夏の”超低速”ハンガロリンク決戦。勝つのはレッドブルか? マクラーレンか? あるいは?|F1ハンガリーGP DAZN配信スケジュール
真夏の”超低速”ハンガロリンク決戦。勝つのはレッドブルか? マクラーレンか? あるいは?|F1ハンガリーGP DAZN配信スケジュール
motorsport.com 日本版
ニューウェイ、レッドブル最後の作品”RB17”に集中。それでも「チームの戦略にも少し関わっている」
ニューウェイ、レッドブル最後の作品”RB17”に集中。それでも「チームの戦略にも少し関わっている」
motorsport.com 日本版
最高出力530PS、最大トルクは650Nm!BMWがスポーティーでエレガントな新型「M4クーペ/M4カブリオレ」を発表
最高出力530PS、最大トルクは650Nm!BMWがスポーティーでエレガントな新型「M4クーペ/M4カブリオレ」を発表
@DIME
トヨタ「クラウン“オープン”」実車展示! ピッカピカに輝くド派手ボディがスゴい!斬新すぎる「彫刻仕様」どんなモデル?
トヨタ「クラウン“オープン”」実車展示! ピッカピカに輝くド派手ボディがスゴい!斬新すぎる「彫刻仕様」どんなモデル?
くるまのニュース
限定5台の神秘?! 『レンジローバー』の特別仕様「セレスティアル・コレクション」発売…価格は3246万円
限定5台の神秘?! 『レンジローバー』の特別仕様「セレスティアル・コレクション」発売…価格は3246万円
レスポンス
道路上に落ちている不思議なモノ…落下物はパンクやスリップの原因になるので踏まないで! 路肩も避けて正解です
道路上に落ちている不思議なモノ…落下物はパンクやスリップの原因になるので踏まないで! 路肩も避けて正解です
Auto Messe Web
新型「MINIクーパーSE」 スペインで試乗!新しさの中に光る、原点へのリスペクト
新型「MINIクーパーSE」 スペインで試乗!新しさの中に光る、原点へのリスペクト
グーネット
フィアット グランデパンダが世界初公開、新世代のグローバルシティカー
フィアット グランデパンダが世界初公開、新世代のグローバルシティカー
Webモーターマガジン
【MotoGP】「プラマックのヤマハ入りはホンダにとって良い刺激になる」LCRのザルコ、陣営の改善を願う
【MotoGP】「プラマックのヤマハ入りはホンダにとって良い刺激になる」LCRのザルコ、陣営の改善を願う
motorsport.com 日本版
マツダの3ローターターボをマクラーレンに搭載!? 「マッドマイク」驚愕の新ドリフトマシンは1000馬力
マツダの3ローターターボをマクラーレンに搭載!? 「マッドマイク」驚愕の新ドリフトマシンは1000馬力
レスポンス
トヨタとスバルの「兄弟スポーツカー」同じ車体&エンジンなのに何が違う? 新型「GR86/BRZ」速攻乗り比べ! “走りの差”はいかに?
トヨタとスバルの「兄弟スポーツカー」同じ車体&エンジンなのに何が違う? 新型「GR86/BRZ」速攻乗り比べ! “走りの差”はいかに?
くるまのニュース
かつて所有していた旧車スポーツの中古価格はけっして調べてはいけない! もはや気絶レベルで後悔するほど高騰しているクルマもあった
かつて所有していた旧車スポーツの中古価格はけっして調べてはいけない! もはや気絶レベルで後悔するほど高騰しているクルマもあった
WEB CARTOP
やっぱクルマはMTだろ! と念願のゲットもあれ? マジかよ……な「ガッカリポイント」のあるMTとその搭載車5台
やっぱクルマはMTだろ! と念願のゲットもあれ? マジかよ……な「ガッカリポイント」のあるMTとその搭載車5台
WEB CARTOP
東京E-Prixは、ZEV普及の足掛かりになったのか? 東京都がフォーミュラEに全面協力した理由
東京E-Prixは、ZEV普及の足掛かりになったのか? 東京都がフォーミュラEに全面協力した理由
motorsport.com 日本版
「2024鈴鹿8耐」 BS12が昨年に引き続き完全生中継を全国無料放送
「2024鈴鹿8耐」 BS12が昨年に引き続き完全生中継を全国無料放送
バイクのニュース
マツダが新「凄いハッチバック」実車展示! 迫力エアロ装着で「マツダ3」市販化も!? 「MAZDA SPIRIT RACING 3」が長野に
マツダが新「凄いハッチバック」実車展示! 迫力エアロ装着で「マツダ3」市販化も!? 「MAZDA SPIRIT RACING 3」が長野に
くるまのニュース

みんなのコメント

11件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

215.9777.0万円

中古車を検索
GR86の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

215.9777.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村