サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2月の新車総販売は0.5%増…半導体影響も5か月連続プラス

ここから本文です
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が3月1日に発表した2021年2月の新車販売統計(速報)によると、総台数は前年同月比0.5%増の43万2299台となった。半導体不足の影響が出たものの咋年10月から5か月連続で増加した。

総台数のうち登録車は2.2%減の26万2372台となり、5か月ぶりに前年を割り込んだ。半導体不足による減産影響が販売に反映されてきた。日本の乗用車メーカーのブランド別では、その影響を受けなかったトヨタ、三菱、スズキのみが前年を上回った。2月13日の福島県沖地震に伴う部品調達の生産影響はまだ顕著には出ていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ