サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 排気口じゃない! 4WD車でたまに見かける黒い煙突の正体とは?

ここから本文です

 この記事をまとめると

■クロカンモデルにはときおり黒くて長い煙突のようなものがついていることがある

昔はド定番だったのに! クルマの黄色いフォグランプが消えたワケ

■シュノーケルと呼ばれ、吸気口を高い位置にもってきて渡河深度を確保する目的

■ドレスアップ目的での見た目だけのカスタム車もある

 深い川や池をクルマで渡るなら必須装備

 ノーマルのクロカンには付いていないが、カスタム車に付いているのは見かけるし、純正でも海外仕様には付いていることもあるのが、ボンネットから出てAピラーに沿って付けられている煙突みたいなパーツだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン