サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【欧州進出、本格始動?】中国EVメーカー「ニーオ」 欧州に生産拠点建設か ドイツ紙報道

ここから本文です

欧州市場での地位を確保

執筆:Felix Page(フェリックス・ペイジ)

【画像】迫りくるアジア勢の電動モデル【中国・韓国のEV5選】 全91枚

翻訳:Takuya Hayashi(林 汰久也)

中国のEVメーカーであるニーオ(Nio)は、SUVのES8に続いて、新型セダンのET7を2022年後半にドイツに投入することを決定。欧州で生産を行う可能性を示唆した。

ES8は現在、ノルウェーで販売されており、ドイツでも間もなく発売される予定だ。一方のET7は、テスラ・モデルSのライバル車で、最大容量150kWhのバッテリーを搭載し、最大航続距離1000km(中国のNEDCサイクルによる)を実現する。

おすすめのニュース

サイトトップへ