サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】目を引く流麗なルーフライン! フォルクスワーゲンが「アルテオン」に「シューティングブレーク」をラインアップ

ここから本文です

【スクープ】目を引く流麗なルーフライン! フォルクスワーゲンが「アルテオン」に「シューティングブレーク」をラインアップ

アルテオンのフェイスリフトに合わせて2020年後半にデビュー?

フォルクスワーゲンが、「アルテオン」にワゴン形態の「シューティングブレーク」を設定することが確実となった。今回、初めてカメラが捉えたのはその証拠ともいうべき開発車両だ。

フォルクスワーゲンの新世代ピュアEV第2弾、「ID.4」がデビュー!

アルテオンは、「パサート」の派生モデルとして登場した4ドアクーペ、「CC」の後継として2016年に欧州で発売。翌2017年には日本市場にも投入されている乗用車系フォルクスワーゲンのフラッグシップだ。

豪雪のスカンジナビアで捉えた開発車両は、「パサート・ヴァリアント」を模倣してカモフラージュ。しかし、基本的なスタイリングはすでに確認できる状態だった。わずかにリフトアップされたボディは、アルテオンと同様のLEDデイタイムランニングライトを内蔵したヘッドライトを装備。開発車両はホイールアーチモールや大型ルーフスポイラーも装備されている。

ボディサイドに目を転じると、リヤクォーターウインドーの形状は艤装されているものの流麗なルーフラインを描いていることか確認できる。また、パサート・ヴァリアントと比較するとDピラーは傾斜が強く、シューティングブレークと名乗るに相応しいスポーティな風情も十二分だ。

搭載が予想されるパワーユニットは、2L直列4気筒ガソリンターボ。アウトプットは最高出力が220ps、最大トルクは350Nmでトランスミッションは7速DCT(DSG)。駆動方式は4WDの4モーションが基本となるようだ。また、エンジンについては1.5Lガソリンターボの設定や2Lディーゼルターボのラインアップも検討されているようだ。そのワールドプレミアだが、アルテオンのフェイスリフトと同時期の2020年後半が有力という。




おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します