サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日立と羽後交通、路線バス運賃キャッシュレス決済の実証実験を開始 低コストかつ運賃変動に対応

ここから本文です
日立製作所と羽後交通は、秋田県初の取り組みとして、スマートフォン向けWebアプリとQRコードを活用した、路線バス運賃のキャッシュレス決済システムの実証実験を1月24日から3月31日まで実施する。

近年、国内ではキャッシュレス決済の普及に向けた動きが加速。主要都市の交通機関では交通系ICカードを用いた運賃決済が主流となっているが、地方の路線バス事業では、導入コストなどの問題で、キャッシュレス決済の導入が困難だった。このような状況の中、日立は、WebアプリとQRコードを組み合わせたキャッシュレス決済システムを開発。

おすすめのニュース

サイトトップへ