サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > クラウン の名前のSUV、トヨタ『クラウン・クルーガー』発表…上海モーターショー2021

ここから本文です

クラウン の名前のSUV、トヨタ『クラウン・クルーガー』発表…上海モーターショー2021

トヨタ自動車の中国部門は4月19日、中国で開幕した上海モーターショー2021において、『クラウン』のSUV、『クラウン・クルーガー』(Toyota Crown Kluger)を初公開した。

◆2020年春に中国生産を終了したクラウンの名称が1年ぶりにSUVで復活

クラウンは1964年、中国で発売されて以来、現地の顧客に受け入れられてきた。トヨタはクラウンのモデルチェンジを行う度に、あらゆる時代の顧客のお気に入りのモデルを目指してきた。そこでトヨタは、中国の顧客に人気が高いSUVを、クラウン・ブランドから派生させることを決めた。

『クルーガー』の名称は、2000年に日本市場で発売されたSUVに付されていた。その後、日本ではクルーガーの実質的な後継車として、『ヴァンガード』がデビューしたため、クルーガーは2007年3月、日本向けの生産を終了している。

なお、トヨタと第一汽車との中国合弁、一汽トヨタで現地生産されてきた4ドアセダンのクラウンは2020年春、生産を終了した。SUVのクラウン・クルーガーの登場によって、中国でクラウンの名称が、およそ1年ぶりに復活した。

◆北米向け中型SUV『ハイランダー』がベース

クラウン・クルーガーは、トヨタが主に北米市場で販売している中型SUV『ハイランダー』が車両のベースだ。現行ハイランダーは4世代目モデルで、2019年春、米国で開催されたニューヨークモーターショー2019で発表された。米国では、『RAV4』の上に位置するSUVとなる。

一方、中国でのハイランダーは、現行型のひと世代前の3世代目モデルが生産・販売されている。上海モーターショー2021では、このハイランダーの中国仕様車がモデルチェンジし、北米向けと同じ4世代目となって、初公開された。

なお、中国向けのハイランダーは、トヨタと広汽集団との中国合弁、広汽トヨタで現地生産されている。クラウン・クルーガーは、トヨタと第一汽車との中国合弁、一汽トヨタで現地生産される予定。一汽トヨタの『カローラ』、広汽トヨタの『レビン』の関係と同じく、広汽トヨタのハイランダーと一汽トヨタのクラウン・クルーガーが、車台などを共有する兄弟車の関係となり、上海モーターショー2021で同時デビューを果たした。

◆スポーティ仕様の「XSE」がベースのアグレッシブな外装

クラウン・クルーガーは、北米仕様のスポーティ仕様、『ハイランダーXSE』をベースにしている。XSEモデルは、強化されたスプリングとリアスタビライザーバーを装備。ショックアブソーバーも専用チューニングされている。電動パワーステアリングも、よりスポーティな方向にチューニングされた。

ハイランダーXSEは、通常のハイランダーに対して、メッシュパターンのフロントグリル、大きな開口部を備えたフロントバンパー、リップスポイラーが専用デザインとなり、アグレッシブな雰囲気を強調している。専用のヘッドランプには、黒いアクセントとデイタイムランニングライトが組み込まれた。クラウン・クルーガーも、このXSEのデザインを採用している。フロントグリルには、クラウンを象徴する「王冠」が添えられた。

クラウン・クルーガーは、ブラックのアクセントが施された専用の機械加工の20インチアルミホイールに加えて、ルーフレールや下側のドアミラーカバー、ウィンドウモールディングを、ブラック仕上げとした。リアは、バンパーにツインエキゾーストが組み込まれた。室内には、3列シートが装備されている。

◆パワートレインは2.5リットルのハイブリッドのみ

クラウン・クルーガーには、新世代のハイブリッドシステム搭載車のみが用意される。高効率の2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンと、3つの電気モーターをコンパクトなシステムに組み合わせた。前輪をエンジンとフロントモーターで、後輪をリアモーターで駆動する電気式4WDの「E-Four」を搭載した。車両の骨格となるプラットフォームには、「TNGA」を採用している。

なお、クラウン・クルーガーは2021年の半ば、中国市場での発売を予定している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します