サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 想定以上のEVシフトでバッテリー争奪戦に翻弄される自動車メーカー、安定調達と低コスト化が電動車時代を生き残るカギ

ここから本文です
 カーボンニュートラル社会実現に向けて世界中の自動車メーカーが電気自動車(EV)シフトを本格化している。欧州委員会は2035年にハイブリッド車、プラグインハイブリッド車を含めて内燃機関を搭載する新車販売の禁止を打ち出したことで、EV普及のスピードアップも予想される。EVのキーデバイスであるリチウムイオン電池を確実に調達し、低コスト化できるかが電動車時代を生き残るカギとなるだけに、電池を巡る動きが本格化している。

内製と電池メーカーとの両睨み EV用電池の安定調達に向けて先行して手を打ってきたのがテスラだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ