サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 日本初の公道レースが島根県江津市で開催。大井偉史が初代ウイナーに輝く|A1市街地グランプリ GOTSU2020

ここから本文です

 A1市街地グランプリ GOTSU2020が行なわれ、大井偉史が日本で初開催となった公道レースのウイナーとなった。

 このA1市街地グランプリ GOTSU2020は、約7年前から構想がスタート。長い時間をかけて準備が進められてきた。日本で初めて、公道を使ってのレースを開催するのだから、それも当然と言える。

■A1市街地GP、日本初の公道レースの走行がスタート。関口雄飛「歴史的な瞬間」

 今年は新型コロナウイルスの影響もあり、当初1.7kmのコースで行なわれる予定だったが、これが778mに縮小されるなど、直前まで変更が行なわれた。

おすすめのニュース

サイトトップへ