現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 今年こそは。逆転狙う3号車Niterra Zは自然体で最終戦へ「昨年よりも冷静に戦える」【GT500三つ巴決戦プレビュー】

ここから本文です

今年こそは。逆転狙う3号車Niterra Zは自然体で最終戦へ「昨年よりも冷静に戦える」【GT500三つ巴決戦プレビュー】

掲載
今年こそは。逆転狙う3号車Niterra Zは自然体で最終戦へ「昨年よりも冷静に戦える」【GT500三つ巴決戦プレビュー】

 11月4~5日、栃木県のモビリティリゾートもてぎにて、2023年のスーパーGTはいよいよ最終戦を迎える。今大会では、トヨタ、ニッサン、ホンダの3メーカーが三つ巴となってシリーズタイトルを争うことになる。現在ランキング2位のNiterra MOTUL Z(千代勝正/高星明誠)は、新チームとして挑んだ2022年シーズンにも、チャンピオンを懸けて最終戦を戦ったが、決勝でペナルティを受けたため逆転を許し、悔しい結末を迎えた。『今年こそは』とタイトル獲得を切望するドライバーの千代勝正、高星明誠のふたりは、集まったメディアに逆転チャンピオンへ向ける抱負を語った。

 特に大きな願掛けもせず、普段のレースと同じ流れで今週の最終戦を迎えたというふたり。昨年は結成1年目の新チーム、新ペアで最終戦のタイトル争いに臨んだが、「昨年は硬くなってしまっていた」と語るのは千代だ。

2023スーパーGTチャンピオンに輝くのは誰か。GT500、GT300両クラスのタイトル獲得条件をおさらい

「昨年はチームも1年目で、自分自身も含めて緊張していたところがありました。ですが今年は、昨年よりもこの状況を冷静に見ることができていますので、今回はチーム全体で自信を持って冷静に戦えると思います」と、力まず自然にというスタンスを心がけているという。

 昨年の決勝レースでは、スタートドライバーを務めた千代が1周目の5コーナーでブレーキングミスから他車との接触を起こしてしまい、3号車にはドライブスルーペナルティが課されてしまった。その結果、3号車はその時点でタイトルを争う権利を失ってしまい、その接触は自身の言う緊張の象徴するようなシーンとなってしまった。千代はその接触に関して「早く記憶を更新したいイヤな思い出」と語るが、高星は「僕が無線で『5コーナー気をつけて!』と言いますよ」と冗談を口にし、メディアらからも笑いが起こった。そこには、先輩後輩である千代と高星ふたりの間にあるフラットな関係や、その接触を乗り越えた力強さが感じられる。

 10月14~15日に行われた第7戦オートポリスでは、優勝を飾った36号車au TOM’S GR Supra(坪井翔/宮田莉朋)は3位フィニッシュの3号車を逆転してランキングトップに返り咲いた。現在2台の点差は7点となっているが、この7点の差について高星は「普通に考えてみれば大きい差だと思う」と語る。

「自分たちが優勝したとしても、36号車が2位であれば僕らはチャンピオンを獲ることができません。チャンピオン争いは、なるようにしかならないと思いますので、それだけを意識せずに自分たちのベストを尽くすレースがしたいです」

 今回タイトルを争う36号車au TOM’S GR Supra、16号車ARTA MUGEN NSX-GT(福住仁嶺/大津弘樹)の印象については、ふたりとも口を揃えて「36号車は決勝が強く、16号車は予選が強い」とコメント。

 高星は続けて、「36号車は決勝が強いだけでなく、ドライバーふたりがクレバーだなと思います。ペナルティを受けることも少ないですし、速いペースで淡々と走って順位を上げてくる。チームもクレバーで戦略面も決勝が強い。16号車について印象深いのは、予選での1発の速さです。予選順位で良い順位を獲ることで得るメリットを最大限に生かす作戦が強い」と語り、ライバルに得意な展開に持ち込まれることを警戒している様子だ。

 事前の天気予報では、3号車が履くミシュランタイヤの得意とする雨の予報も流れており、それを知ったときには千代も思わず「ニヤッとした」という。直近の予報では雨の確率は低いとされているが、ドライで行われた第7戦でも3号車はハイペースでの追い上げを見せて3位表彰台を獲得した。いよいよ迫る大一番へ向け、昨年からは一皮むけた3号車は、自然体の構えで逆転王座の獲得に臨む。

関連タグ

こんな記事も読まれています

インタープロト第7戦を制した山下健太が初のチャンピオンを獲得。第8戦を制した阪口晴南は届かず
インタープロト第7戦を制した山下健太が初のチャンピオンを獲得。第8戦を制した阪口晴南は届かず
AUTOSPORT web
TGR GR86/BRZ Race第7大会は波乱の展開を中山雄一が制す。2023年チャンピオンは井口卓人に
TGR GR86/BRZ Race第7大会は波乱の展開を中山雄一が制す。2023年チャンピオンは井口卓人に
AUTOSPORT web
MiniGP世界戦:富樫と国立ともに予選Q3進出。決勝では3連続表彰台で富樫が世界ランキング2位に輝く
MiniGP世界戦:富樫と国立ともに予選Q3進出。決勝では3連続表彰台で富樫が世界ランキング2位に輝く
AUTOSPORT web
メーカー内に加えメーカー間移籍も? 2024年GT500ドライバーラインアップは大シャッフルの予感
メーカー内に加えメーカー間移籍も? 2024年GT500ドライバーラインアップは大シャッフルの予感
AUTOSPORT web
バニャイア、マルティンの各々のスプリント。14ポイント差で迎える決勝とチャンピオン争いの行方/第20戦バレンシアGP
バニャイア、マルティンの各々のスプリント。14ポイント差で迎える決勝とチャンピオン争いの行方/第20戦バレンシアGP
AUTOSPORT web
岩佐歩夢、FIA F2参戦2年目を終え「やるべきことはやったので、すべてがいい思い出です」
岩佐歩夢、FIA F2参戦2年目を終え「やるべきことはやったので、すべてがいい思い出です」
AUTOSPORT web
FIA F2フル参戦3年目で掴んだ戴冠。テオ・プルシェール「僕はチャンピオンなんだ、クレイジーだ」
FIA F2フル参戦3年目で掴んだ戴冠。テオ・プルシェール「僕はチャンピオンなんだ、クレイジーだ」
AUTOSPORT web
KYOJO CUP第4戦は翁長実希が制すも、2位の三浦愛が自身二度目のチャンピオンを獲得
KYOJO CUP第4戦は翁長実希が制すも、2位の三浦愛が自身二度目のチャンピオンを獲得
AUTOSPORT web
【角田裕毅F1第23戦分析】トラックポジションも問題なし。コーナーごとの細かなデフ調整も自己最高グリッド獲得に繋がる
【角田裕毅F1第23戦分析】トラックポジションも問題なし。コーナーごとの細かなデフ調整も自己最高グリッド獲得に繋がる
AUTOSPORT web
【F1アブダビGP予選の要点】角田の自己最高グリッド獲得は弾みになるか。選手権7位を争うライバルを予選で上回る
【F1アブダビGP予選の要点】角田の自己最高グリッド獲得は弾みになるか。選手権7位を争うライバルを予選で上回る
AUTOSPORT web
逆転王座狙うベスティが完勝。プルシェールは7位でタイトル決定は持ち越し/FIA F2第14戦レース1
逆転王座狙うベスティが完勝。プルシェールは7位でタイトル決定は持ち越し/FIA F2第14戦レース1
AUTOSPORT web
ルクレール2位「優れたマシンがあったし、戦略も正しかった」コンストラクターズ逆転ならず悔しさ:フェラーリ/F1第23戦
ルクレール2位「優れたマシンがあったし、戦略も正しかった」コンストラクターズ逆転ならず悔しさ:フェラーリ/F1第23戦
AUTOSPORT web
【中野信治のF1分析/第22戦】ラスベガスGP、初開催ゆえの難しさ。タイヤを左右した要素とルクレールの意地
【中野信治のF1分析/第22戦】ラスベガスGP、初開催ゆえの難しさ。タイヤを左右した要素とルクレールの意地
AUTOSPORT web
【インタビュー】岩佐歩夢に訊く……”ものすごく”重要なアブダビ最終決戦。そして来季はスーパーフォーミュラへ「想像していた以上に、ポジティブなF1への路線だと感じた」
【インタビュー】岩佐歩夢に訊く……”ものすごく”重要なアブダビ最終決戦。そして来季はスーパーフォーミュラへ「想像していた以上に、ポジティブなF1への路線だと感じた」
motorsport.com 日本版
【F1アブダビGP決勝の要点】熾烈な選手権争い。ルクレールはライバルを先行させる頭脳プレーに出るも3ポイント届かず
【F1アブダビGP決勝の要点】熾烈な選手権争い。ルクレールはライバルを先行させる頭脳プレーに出るも3ポイント届かず
AUTOSPORT web
2023年スーパーフォーミュラ・ライツ王者は木村偉織に。逆転でレース人生初の“チャンピオン”となった苦労人が涙「最高の形で殻を破ることができて嬉しい」
2023年スーパーフォーミュラ・ライツ王者は木村偉織に。逆転でレース人生初の“チャンピオン”となった苦労人が涙「最高の形で殻を破ることができて嬉しい」
motorsport.com 日本版
軽自動車のレース「東北660選手権」は2023年シーズン最終戦! スズキ「アルト」だけのレースも白熱、超盛り上がってます
軽自動車のレース「東北660選手権」は2023年シーズン最終戦! スズキ「アルト」だけのレースも白熱、超盛り上がってます
Auto Messe Web
【角田裕毅F1第23戦分析】“6位を取りに行くため”に1ストップを選択。首位走行は「チームがプッシュしてきた結果」
【角田裕毅F1第23戦分析】“6位を取りに行くため”に1ストップを選択。首位走行は「チームがプッシュしてきた結果」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村