サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「油冷エンジン」を搭載したスズキのビッグネイキッドを3台紹介!【絶版バイク解説】

ここから本文です

スズキ「GSF1200」(GV75A・1995~1999年)
小型かつ軽量ボディにパワフルな油冷ユニットを搭載

スズキはネイキッドブームの回答として、GSF1200を1995年に発売。「走りのネイキッド」を謳ってリアにリンク式モノショックを採用し、車体のコンパクト化を進めることで208kgの乾燥重量を達成している。

ホンダ「GB350 S」誕生! スタンダードモデルのGB350とともに詳細発表

GSX-R1100のエンジンをベースにボアを1mm拡大して排気量を1156ccとし、カムの変更やキャブレターの小径化、排気系の見直し、低圧縮比化により当時の国内自主規制値である97PSを発揮する。

おすすめのニュース

サイトトップへ