サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【RS Q3のオシャレ担当】アウディRS Q3スポーツバック 実力も備えるSUVクーペ

ここから本文です

【RS Q3のオシャレ担当】アウディRS Q3スポーツバック 実力も備えるSUVクーペ

直列5気筒ターボエンジンは399ps

text:Tom Morgan(トム・モーガン)

【画像】アウディRS 全92枚

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)


アウディの高性能部門、アウディ・スポーツの成長が急進的だ。それを支えるコンパクトSUV兄弟が登場した。

先日ご紹介したRS Q3はわずかに広いリアシート空間が必要な人のため。RS Q3スポーツバックは、クーペ風のルーフラインによるスタイリッシュさを求める人のため。

読者の中にはクーペ風のSUVには興味がわかない人もいるかも知れないが、間違いなく市場での注目度は高い。英国ではRS Q3兄弟のうち、スポーツバックの販売数が60%を占めるだろうと予測されている。

Q3スポーツバックのルーフラインは通常のQ3より45mm低く、狙った通りのスタイリングをまとう。また専用のリアバンパーやディフューザー、リアウイングなども装備され、アグレッシブさは一層高い。2本出しの太いマフラーも迫力を追加する。

スタイリングは異なっていても、メカニカルな部分では双子と呼んでいいだろう。エンジンは初代RS Q3と基本的には同じの、現行のTT RSにも搭載される直列5気筒ターボエンジン。

だがアルミニウム製クランクケースと中空クランクシャフトなどを採用することで、先代と比較してエンジン単体で26kgも軽量化している。車重は1700kgに収まっており、ポルシェ・マカン・ターボやBMW X4 M40iという直接のライバルよりだいぶ軽い。

最高出力は399ps、最大トルクは48.8kg-mに増強されており、0-100km/h加速に要する時間は4.5秒。最高速度は249km/hでリミッター制限がかかるが、希望に応じて280km/hにまで引き上げることも可能だ。

高いトラクションで発進加速も強烈

パワーを受けとめるのは7速ATとパーマネント4輪駆動のクワトロ。最大で85%のトルクをリアタイヤへ伝える。標準のブレーキに不足を感じるなら、セラミック製にアップグレードも可能。実際にサーキットを走行するRS Q3はごく少ないとは思うけれど。

サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式でリアが4リンク式となる。スチール製のスプリングを採用し、標準のQ3スポーツバックより10mm車高が低い。

アウディ・スポーツ・エディションの場合、ダイナミック・シャシーコントロールとしてアダプティブ・ダンパーも装備できる。最上位のトリムグレードとなるフォーシュプルングにはそれが標準装備だ。ホイールは21インチとなり、360度の映像を写すパーキングカメラに、アダプティブ・クルーズコントロールを含む、運転支援システムも搭載する。

5気筒ターボエンジンは、RSに相応しい爆発的な力強さを持つ。低回転域でのレスポンスは鋭く、7000rpmに切られたレッドラインまで勢いよく吹け上がる。

短い直線でも一気に追い越しは完了。4輪駆動のクワトロのおかげでトラクションも高く、停止時からの発進も強烈。加えてシングルターボのエンジンと比べて、パワーの出方には丸みがある。

環境基準に合わせて、ガソリン微粒子捕集フィルターが排気系統に追加され、従来楽しめたアクセルオフ時の破裂音などは鳴りを潜めてしまった。とはいえ、4気筒のBMW X2 M35iよりサウンド自体は刺激的ではある。

ステアリングホイールには、カスタマイズ可能なRSドライビングモードスイッチが追加された。快適性を重視した都市部向けの設定と、郊外のチャレンジングな道をアタックする設定とを、簡単に切り替えることができる。

ハンドリングや乗り心地は期待通り

7速ATは少し優柔不断な性格で、アクセルペダルの操作とうまく息が合わない。都市部での走行は完璧なまでに滑らかなものの、399psをいざ引き出そうとすると、キックダウンするまでに僅かな待ち時間を感じる。

スポーツモードにすればわずかに反応は良くなる。ステアリングホイールに付けられたシフトパドルを弾く方が、筆者の望むタイミングで変速できる。

RS Q3スポーツバックのハンドリングは期待通り。クルマとの一体感が薄いものの、常に安心感を保ったまま、出発地点から目的地へ迅速に移動できる。

速度でレシオが変化するプログレッシブ・ステアリングは、フロントタイヤの感触を伝えてくれない。ペースを上げても、リアタイヤは安定しきりで、少しのいたずらも許してくれないようだ。

アダプティブ・ダンパーを最も快適な状態にすれば、滑らかな路面であれば充分にリラックスした乗り心地を楽しめる。ダイナミックモードにすると振動は強くなり、小さな路面変化でも拾ってしまう。

乗り心地の洗練度は、少なくともハイパフォーマンスSUVのクラス水準にはある。ホイールのサイズは快適性を左右するから、試乗車の21インチではなく、20インチのホールも試してみたいところ。

車内でスポーツバックを区別する点といえば、低められたルーフラインでリアウインドウが狭くなっていることくらい。それ以外はRS Q3と同じハイテク感のあるインテリアが広がる。ただし、安っぽいプラスティック製パーツが案外目に付く。ライバルモデルの方が、上手にプラスティックを隠しているように感じる。

スタイリングとパフォーマンスを重視するなら

MMIインフォテインメント・システム用モニターは10.1インチ。メーターパネルには12.2インチのモニターが配される。このバーチャルコックピットには、RS専用の表示を設定。運転に必要最低限の情報へ絞り、ハイペースでの集中力を保つのを助ける。

リアシートには、身長180cmある大人でも背を屈めず座ることができる。荷室容量はリアシートを起こした状態なら、通常のRS Q3と同じ530L。リアシートを折りたたんだ状態では、1525Lに対してスポーツバックは1400Lと、小さくなってしまう。

もしスタイリングの良さとパフォーマンスを重要視してSUVを考えているなら、アウディRS Q3スポーツバックは候補に入れるべきだろう。通常のアウディRS Q3より自己主張も強い。思わず振り返るほどの美しさを備えていながら、Q3と比較して諦める部分も殆どない。

ただし、走行性のは価格で上回るライバルに匹敵するものの、リアシートの快適性では一歩及ばない。技術面ではクラス最高の先進性といえるが、素材感ではライバルの方が優れていると思う。

より積極的にSUVで運転を楽しみたいと考えるドライバーは、アウディRS Q3スポーツバック一択とせず、ライバルモデルと良く比較することをオススメする。

アウディRS Q3スポーツバック・スポーツ・エディションのスペック

価格:5万8145 ポンド(814万円)
全長:4500mm(標準Q3スポーツバック)
全幅:1843mm(標準Q3スポーツバック)
全高:1556mm(標準Q3スポーツバック)
最高速度:249km/h(リミッター)
0-100km/h加速:4.5秒
燃費:9.8km/L
CO2排出量:204g/km
乾燥重量:1700kg
パワートレイン:直列5気筒2480ccターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:399ps/5850-7000rpm
最大トルク:48.8kg-m/1950-5850rpm
ギアボックス:7速オートマティック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します