サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP第8戦ドイツGP:前戦ウイナーのKTMオリベイラが初日総合トップ。中上貴晶は総合6番手で終える

ここから本文です

MotoGP第8戦ドイツGP:前戦ウイナーのKTMオリベイラが初日総合トップ。中上貴晶は総合6番手で終える

MotoGP第8戦ドイツGP:前戦ウイナーのKTMオリベイラが初日総合トップ。中上貴晶は総合6番手で終える

 MotoGP第8戦ドイツGPのフリー走行1回目、2回目がザクセンリンクで行われ、MotoGPクラスではミゲール・オリベイラ(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)が初日を総合トップで終えた。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は総合6番手。また、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)はフリー走行1回目でトップだったものの、初日総合としては12番手だった。 
 
 ドイツGPは、新型コロナウイルス感染症の影響により2020年の開催が中止されたため、2年ぶりに行われた。このレースウイークには、アレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)が復帰した。リンスは、前戦カタルーニャGPのセッションが始まる前の6月3日木曜日、コース上での自転車トレーニング中に転倒。右手橈骨を骨折し、カタルーニャGPを欠場。転倒した翌日には、右手の骨折部分をネジで固定する手術を受け、その後リハビリに取り組んでいた。
 
 フリー走行1回目は気温29度、路面温度36度のドライコンディションで始まった。セッション序盤にはポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ・チーム)やホルヘ・マルティン(プラマック・レーシング)、ファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が転倒を喫する。クアルタラロの転倒は12コーナーで高速でのクラッシュで、起き上がってから右肩を気にするそぶりを見せた。
 
 こうした中、セッション序盤にトップタイムをマークしたのは、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)。マルク・マルケスは新しいウイングレットを装着しての走行となった。2番手には中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)がつけ、開始20分過ぎには3番手にポル・エスパルガロが浮上し、ホンダが一時、トップ3を占めた。
 
 残り時間が15分になると、序盤に転倒を喫したクアルタラロが2番手に浮上。終盤に入っても上位のポジションに大きな変動はなく、マルク・マルケスがトップでこのセッションを終えた。
 
 2番手はクアルタラロ、3番手は中上、4番手はポル・エスパルガロで、5番手がアレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)で、トップ5のうち3人がホンダライダーだった。
 
■FP2でオリベイラがふたりのヤマハライダーを抑えトップタイム
 フリー走行2回目は気温32度、そして路面温度は52度にまで上昇した。このセッションでもマルク・マルケスは序盤から好タイムを記録し、トップのミゲール・オリベイラ(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)に次ぐ2番手につける。
 
 セッション中盤の20分過ぎ、ルカ・マリーニ(スカイ・VR46・アビンティア)が2番手タイムを記録する。マリーニはこのフリー走行2回目の序盤に、13コーナーで転倒を喫していた。また、この時間帯には、マルク・マルケスがさらにタイムを更新。オリベイラ、マリーニのタイムを上回ってトップに浮上する。
 
 残り5分を切ると、各ライダーがタイムアタックの時間帯に入る。まずは中上が1番手タイムを記録。しかしそのタイムをクアルタラロ、マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が更新する。さらに、その直後にはオリベイラが再びタイムを縮めて1分20秒690を記録し、この日初めて1分21秒を切るとトップに浮上した。
 
 オリベイラはこのままセッションを制し、初日総合をトップで終えた。2番手はクアルタラロ、3番手はビニャーレス。4番手は右手橈骨の骨折から復帰したリンス、5番手にはフリー走行2回目の序盤で転倒を喫したポル・エスパルガロがつけた。
 
 一時トップタイムを記録した中上は6番手。マルク・マルケスは最終的に12番手だった。また、ドゥカティ勢としては8番手のヨハン・ザルコ(プラマック・レーシング)が最上位で初日を終えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します