サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > eスポーツに本腰を入れるポルシェの意図が気にかかる

ここから本文です

eスポーツに本腰を入れるポルシェの意図が気にかかる

11月30日、ポルシェ ジャパンは来年2019年のモータースポーツ計画を発表するプレスカンファレンスを開催。来年19年目を迎えるポルシェカレラカップ ジャパンの開催概要に加え、718ケイマンGT4を使用した新シリーズ、そして今注目のコンピュータゲームを使った“eスポーツ”のワンメークレースシリーズの立ち上げを発表しました。

国内でメーカーやインポーター主催のワンメイクレースで最も長く継続開催されている「ポルシェカレラカップ ジャパン(PCCJ)」は、19年目のシーズンも今年と同じく岡山国際サーキットを皮切りに、最終戦の鈴鹿サーキットまで全11戦で争われます。

また、より気軽に参加しやすい新シリーズとして、GT4車両の718ケイマンGT4クラブスポーツを使ったワンメイクレースをスタート。ポルシェカレラカップ ジャパンの下位カテゴリーである「ポルシェ GT3 カップチャレンジ ジャパン」と混走して、「ポルシェスプリントチャレンジ ジャパン」という新シリーズ名で開催すると発表されました。尚、718ケイマンのGT4車両導入は2019年後半になる予定とのことです。

そして今回の目玉、最後に発表されたのがポルシェ ジャパンのeスポーツへの本格的な取り組みです。eスポーツとは、「electronic sports」の略で、コンピュータゲーム(ビデオゲーム)を使った複数人の対戦を、スポーツとして捉えた競技のこと。今年の流行語大賞でトップ10に入ったり、将来オリンピック競技への採用も取り沙汰されたり、年収1億円を超えるプロゲーマーが出現したりと何かと話題の新ジャンルです。

ポルシェジャパンでは、PlayStation4用ドライビングシミュレーターゲーム「グランツーリスモSport」を使ったワンメイクレース「ポルシェ Eレーシング ジャパン」という新シリーズを2019年中に立ち上げることを宣言。単なるゲームへの車両データの提供ではなく、モータースポーツの一分野としてeスポーツに取り組むことを、ポルシェジャパンの七五三木(しめぎ)敏幸代表取締役社長が表明したのでした。

ステージ上には、「グランツーリスモSport」の開発元、ポリフォニー・デジタル代表取締役であり、ゲームクリエイターの山内一典氏が登場。七五三木社長とトークセッションを行い、早く走るコツはバーチャルもリアルも同じ、レースストラテジーも学べる、プレステとソフトウェアとインターネット環境さえあれば誰でもレースにエントリーできるとアピールしました。

カンファレンスの冒頭に、「最近のポルシェは他のメーカーと変わらないのではないか?というイメージを持たれている」と危機感を表明した七五三木社長の言葉にあるように、911の存在感が相対的に薄れている販売状況の中で、より明確にポルシェのDNA=モータースポーツを打ち出していこうという戦略が取られたことは、納得できる面があります。

しかし、カスタマーの裾野を広げるための718ケイマンGT4のワンメイクレース立ち上げは理解しやすいのですが、いくらエントリー障壁が低いと言っても、レーシングゲームを使ったワンメイクレースの立ち上げとは、かなり唐突な印象を受けたこともまた事実。

リアルなモータースポーツ界の高齢化に危機感を感じているのかも? 今後日本でも盛り上がるであろうeスポーツのレース分野でいち早くポジションを確立したいから? はたまたeスポーツの競技者だけではなく、その数倍が存在するというeスポーツのオンライン上の“観戦者”が目当てとか? などと、ポルシェの意図するところを考えてみるのも、また一興かもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します