サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 300馬力にパワーアップ! ニュルFF最速のDNAを持つルノー「メガーヌR.S.」の走りの進化とは

ここから本文です

■6速EDC(DCT)も洗練されスムーズなシフトチェンジを実現

 ルノーの中核を担うCセグメントの量販モデルである「メガーヌ」をベースに、F1を頂点とするルノーのモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの市販車部門がチューニングを手がけたスペシャルモデルが「メガーヌR.S.」だ。

桁が違う… 5007馬力の12000ccエンジン搭載 ドバイ製スーパーカー登場

 2008年からは量産FF車として独ニュルブルクリンク最速の座をかけて、これまで幾度となくタイムアタックをおこない、日本の雄であるホンダ「シビックタイプR」、そしてドイツの代表的ホットハッチVW「ゴルフGTI」らとしのぎを削ってきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ