サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜトヨタ新生「ルーミー」の快進撃続く? ヤリス&アルファードと違う個性とは

ここから本文です

■新生ルーミーの快進撃が続く訳

 2021年に入ってからの登録車販売台数において、上位3車種は1位「ヤリス」、2位「ルーミー」、3位「アルファード」とトヨタが占めています。
 
 このなかで、ヤリスは世界トップクラスの燃費性能、アルファードは国産高級ミニバンの代名詞という個性がありますが、ルーミーにはどのような個性があるのでしょうか。

トヨタ車が100万円以下!? シエンタより小さい 人気ミニバン「カリヤ」とは

 近年、登録車販売台数の上位にランクインするボディタイプでは、コンパクトカー、ミニバン、SUVが占めています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン