現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】新型 BMW 2シリーズ グランクーペ│前輪駆動で室内空間向上も、今までとは一味ちがう鋭さの増した駆け抜ける歓びを備えた1台!

ここから本文です

【試乗】新型 BMW 2シリーズ グランクーペ│前輪駆動で室内空間向上も、今までとは一味ちがう鋭さの増した駆け抜ける歓びを備えた1台!

掲載 更新 11
【試乗】新型 BMW 2シリーズ グランクーペ│前輪駆動で室内空間向上も、今までとは一味ちがう鋭さの増した駆け抜ける歓びを備えた1台!

目を見張るほど進化を遂げたのは車内スペース

2シリーズグランクーペは、BMWとしては初となるコンパクト4ドアクーペ。基本骨格は2019年に登場した現行1シリーズが採用する前輪駆動用プラットフォームだ。

カーセンサーEDGE.netはこちら

現在2シリーズといえば、2ドアのクーペとカブリオレ、そしてミニバンタイプのアクティブツアラーとグランツアラーと、FFとFR、そして4WDが混在するラインナップとなっている。

そもそも、BMWは4ドアクーペというカテゴリーを早くから取り入れてきた。2012年にBMW 6シリーズグランクーペを導入後は、後継となる8シリーズや4シリーズにも設定している。2ドアクーペをベースとする偶数シリーズに、4ドアクーペのグランクーペを設定するのは、いまのBMWラインアップとしては必然の流れだ。

ボディサイズは全長4535mm、全幅1800mm、全高1430mm。コンパクトモデルというよりは先代の3シリーズに近く、街乗りなどでもちょうどいいサイズ感だ。

また前輪駆動になったことで、後輪駆動の現行型2シリーズクーペ比で約33mmほど後席の足元部分を拡大。前席のシート下に無理なくつま先が収まることもあって、成人男性でも快適に過ごせる空間が用意されている。ラゲージルームも先代比で約40L拡大し最大430Lを確保している。

インテリアは1シリーズと同様のデザインを踏襲するもので、メーターパネルは10.25インチのフルデジタル液晶、そしてインパネ中央のコントロールディスプレイも10.25インチとなり、「OK、BMW」で起動するAI音声入力システムのBMWインテリジェントパーソナルアシストなどがセットになった、オプションのiDriveナビゲーションパッケージが装着されていた。  そして、リバースアシストも標準装備する。これは、35km/h以下で走行していた最長50mの軌跡を車両が記憶しており、スイッチ操作ひとつでバック走行時のステアリング操作を自動で行ってくれるものだ。細い路地を進んでいくと突き当りだったとか、すれ違いの困難な細い路地で前方から車がやってきた、といった場面でとても有用だ。

パワートレインは、1.5L直列3気筒ターボエンジンの「218i」と、2L直4ディーゼルターボの「218d」、そして2L直4ターボの「M235i」の3種類が用意されており、試乗車は218i のMスポーツだった。

1.5Lエンジンは効率的なターボ加給によって最高出力140ps、最大トルク220N・mを発揮。1480~4200の回転域で最大トルクを発揮するだけあって、数値から想像していた以上に力強く走る。トランスミッションは7速DCTを組み合わせており、変速ショックを感じさせることなくスムーズにシフトアップしていく。FFモデルにありがちなアンダーステアもしっかりと抑制されており、車重がディーゼルモデルの218d比で約90kg軽いこともあって動きも軽快だ。  従来からのFRの乗り味を好む人は、現行の2シリーズクーペを選ぶのがいいだろう。しかし、乗り心地のよさやコンパクトなサイズながら4ドアであることによる使い勝手のよさなど、実用性を重視するならこの2シリーズグランクーペはちょうどいい選択だ。

ちなみに、競合車はメルセデス・ベンツ CLA180で新車価格は472万円、これにAMGラインを加えれば498万円を少し超えてしまう。一方、この218i グラン クーペ M Sportは448万円、先述のiDriveナビゲーションパッケージ(約25万円)を加えても、なかなかに魅力的な価格設定だと見ることができる。 BMW 2シリーズ グランクーペの中古車を探す▼検索条件BMW 2シリーズ グランクーペ × 全国【試乗車 諸元・スペック表】●218i Mスポーツ型式3BA-7K15最小回転半径5.4m駆動方式FF全長×全幅×全高4.54m×1.8m×1.43mドア数4ホイールベース2.67mミッション7AT前トレッド/後トレッド1.56m/1.57mAI-SHIFT-室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m4WS-車両重量1420kgシート列数2最大積載量-kg乗車定員5名車両総重量1695kgミッション位置フロア最低地上高0.15mマニュアルモード◯標準色アルピン・ホワイトIII、ミサノ・ブルーメタリック、スナッパー・ロック・ブルーメタリックオプション色ミネラル・グレーメタリック、ブラック・サファイアメタリック、メルボルン・レッドメタリック、ストーム・ベイメタリック掲載コメント-型式3BA-7K15駆動方式FFドア数4ミッション7ATAI-SHIFT-4WS-標準色アルピン・ホワイトIII、ミサノ・ブルーメタリック、スナッパー・ロック・ブルーメタリックオプション色ミネラル・グレーメタリック、ブラック・サファイアメタリック、メルボルン・レッドメタリック、ストーム・ベイメタリックシート列数2乗車定員5名ミッション位置フロアマニュアルモード◯最小回転半径5.4m全長×全幅×全高4.54m×1.8m×1.43mホイールベース2.67m前トレッド/後トレッド1.56m/1.57m室内(全長×全幅×全高)-m×-m×-m車両重量1420kg最大積載量-kg車両総重量1695kg最低地上高0.15m掲載用コメント-エンジン型式B38A15A環境対策エンジン-種類直列3気筒DOHC使用燃料ハイオク過給器ターボ燃料タンク容量50リットル可変気筒装置-燃費(JC08モード)16.9km/L総排気量1498cc燃費(WLTCモード)13.8km/L└市街地:10.4km/L└郊外:14km/L└高速:16km/L燃費基準達成-最高出力140ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm220(22.4)/4200エンジン型式B38A15A種類直列3気筒DOHC過給器ターボ可変気筒装置-総排気量1498cc最高出力140ps最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm220(22.4)/4200環境対策エンジン-使用燃料ハイオク燃料タンク容量50リットル燃費(JC08モード)16.9km/L燃費(WLTCモード)13.8km/L└市街地:10.4km/L└郊外: 14km/L└高速: 16km/L燃費基準達成-文/藤野太一、写真/茂呂幸正、BMW

カーセンサーEDGE.netはこちら

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

スバルの新車など7クラス38台が参戦。スーパー耐久第3戦オートポリスのエントリーリスト発表
スバルの新車など7クラス38台が参戦。スーパー耐久第3戦オートポリスのエントリーリスト発表
AUTOSPORT web
アップグレードが期待通りに機能しなかったRB。原因の究明は「本物の変化のポイントになる」とリカルド
アップグレードが期待通りに機能しなかったRB。原因の究明は「本物の変化のポイントになる」とリカルド
AUTOSPORT web
プジョー、17番手から8位入賞。改良型の最高位更新もペースに課題「速くないなら賢く走るしかない」
プジョー、17番手から8位入賞。改良型の最高位更新もペースに課題「速くないなら賢く走るしかない」
AUTOSPORT web
BMW、主力の『3シリーズ』と『4シリーズ・グランクーペ』にスポーティな特別仕様車を設定
BMW、主力の『3シリーズ』と『4シリーズ・グランクーペ』にスポーティな特別仕様車を設定
AUTOSPORT web
視界最悪の「高速道路でUターン」なぜ!? NEXCOが衝撃映像を公開 対策は?
視界最悪の「高速道路でUターン」なぜ!? NEXCOが衝撃映像を公開 対策は?
乗りものニュース
5速MTのみ! 新型「小さなスポーツカー」発表! 全長4m以下の「小型ボディ」にパワフルな「ターボ」搭載! 衝撃の「本格スポーツ仕様」は695最後のモデル
5速MTのみ! 新型「小さなスポーツカー」発表! 全長4m以下の「小型ボディ」にパワフルな「ターボ」搭載! 衝撃の「本格スポーツ仕様」は695最後のモデル
くるまのニュース
最新レストモッド フェラーリF355 GTS、レトロモダンに蘇る 420馬力の3.5L V8スーパーカー
最新レストモッド フェラーリF355 GTS、レトロモダンに蘇る 420馬力の3.5L V8スーパーカー
AUTOCAR JAPAN
マルコもレッドブル・パワートレインズの2026年型PU開発が“計画通り”であると強調「自社製造は勇敢な決断」
マルコもレッドブル・パワートレインズの2026年型PU開発が“計画通り”であると強調「自社製造は勇敢な決断」
AUTOSPORT web
レッドブルF1首脳、ペレス早期離脱の可能性を否定せず「解約条項があるのは普通。サマーブレイク中に評価する」
レッドブルF1首脳、ペレス早期離脱の可能性を否定せず「解約条項があるのは普通。サマーブレイク中に評価する」
AUTOSPORT web
ベントレーは世のため人のため…「持続可能性」「インクルーシブ」「企業の社会的責任」の取り組みで3つの権威ある賞を受賞しました
ベントレーは世のため人のため…「持続可能性」「インクルーシブ」「企業の社会的責任」の取り組みで3つの権威ある賞を受賞しました
Auto Messe Web
クルマ好きなら人生で一度は訪れたい街【工藤貴宏】フランス、ル・マン24時間レース観戦記
クルマ好きなら人生で一度は訪れたい街【工藤貴宏】フランス、ル・マン24時間レース観戦記
グーネット
ポコノ最多勝を誇るハムリンを退け、自身初優勝の地で王者ブレイニーが今季2勝目/NASCAR第21戦
ポコノ最多勝を誇るハムリンを退け、自身初優勝の地で王者ブレイニーが今季2勝目/NASCAR第21戦
AUTOSPORT web
このご時世に600kg切りのアルトが登場!? スイスポはパワフルハイブリッド化の軽量ホットハッチ化? 期待しかないスズキの10年先を見据えた技術発表の中身
このご時世に600kg切りのアルトが登場!? スイスポはパワフルハイブリッド化の軽量ホットハッチ化? 期待しかないスズキの10年先を見据えた技術発表の中身
WEB CARTOP
【公道試乗会】 ホンダ新型フリードで街中に繰り出す 人気モデルの上手な進化を実感
【公道試乗会】 ホンダ新型フリードで街中に繰り出す 人気モデルの上手な進化を実感
AUTOCAR JAPAN
日本で買える? オートサロンで話題をさらった「オレンジのフェアレディZ」米国で登場[詳細画像]
日本で買える? オートサロンで話題をさらった「オレンジのフェアレディZ」米国で登場[詳細画像]
レスポンス
ベストセラー車「名前変わります」 アウディ「A4」改め「A5」新型発表 なぜ変更? セダン&ワゴン一挙進化 ディーゼルも
ベストセラー車「名前変わります」 アウディ「A4」改め「A5」新型発表 なぜ変更? セダン&ワゴン一挙進化 ディーゼルも
乗りものニュース
ホンダ新型「シビック」公開に反響多数!?「かっこいい」「素直に良いクルマ」パワー強化で精悍デザインに大変貌「2025年モデル」米で発表
ホンダ新型「シビック」公開に反響多数!?「かっこいい」「素直に良いクルマ」パワー強化で精悍デザインに大変貌「2025年モデル」米で発表
くるまのニュース
聖地・箱根ターンパイクをリスペクト!? トヨタ「GR86」北米モデルに「箱根エディション」米国で登場 限定860台
聖地・箱根ターンパイクをリスペクト!? トヨタ「GR86」北米モデルに「箱根エディション」米国で登場 限定860台
VAGUE

みんなのコメント

11件
  • 3を乗ってた人には見向きもされないし
    FFとFRの区別すら出来ない人がBMWを選ぶことは無いだろうし
    これの購買層が全く分からない
  • BMでFF選ぶ意味がわからん。
    デザイン悪いしMINIがベースだし。
    FF選ぶならVW一択だよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

490.0708.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

208.5528.0万円

中古車を検索
2シリーズ グランクーペの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

490.0708.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

208.5528.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村