現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カスタム派は「鉄ちんホイール」の最廉価グレードがお得! 新型86選びを本気で考えてみた

ここから本文です

カスタム派は「鉄ちんホイール」の最廉価グレードがお得! 新型86選びを本気で考えてみた

掲載 更新 4
カスタム派は「鉄ちんホイール」の最廉価グレードがお得! 新型86選びを本気で考えてみた

カスタム派は悩ましいGR86のグレード選びの正解は?

 サーキットで遊ぶ前提として「RZ」と「SZ」は果たしてどちらがいいのか。さらには廉価版の「RC」まである。どれが一番お得で楽しめるのかを検証してみようという企画。GR86のRZグレードをすでに購入した筆者が、その選択は失敗ではなかったのかを振り返る。

新型GR86買ってみたぞ! 凄くいいけどカスタム派がオーナーになったら気になるところ3つ

GR86のグレード別価格とタイヤ&ホイールをチェック!

 GR86は3段階グレードで構成される。最上位がRZ、次がSZ、一番簡素なのがRCだ。メーカー希望小売価格(※税込み)はMT車のRZが334万9000円、SZは303万6000円、RCは279万9000円となる。ちなみにAT車の場合、RZが351万2000円、SZは319万9000円となり、RCにはAT車は設定されていない。ざっくりいうとRZとSZは約30万円。RCはさらに20万円安いということになる。大きな違いはタイヤ&ホイールとなり、RZが18インチ、SZは17インチ。RCは16インチとなる。

 RZの18インチは215/45R18で装着タイヤはミシュラン・パイロットスポーツ4という高級タイヤが付いていて、じつはこのタイヤがイケてる。街乗りではしなやかに路面を捉えつつ、サーキットにも対応できる。限界性能は高く、スポーツ走行でも余裕で楽しむことができ、表面は溶けずにサラッとしたままで耐摩耗性も高い。

 対して、SZの17インチは215/45R17となり、こちらには同じミシュランながらプライマシーHPとなる。いわゆるエコタイヤ的なものなので、サーキットやワインディングを走ってどうのこうのというよりも、静かで燃費良く走れるタイヤとなる。

 なお廉価グレードのRCは、205/55R16サイズとなりホイールはスチール。いわゆる鉄チンホイールというやつで、200万円台の価格に抑えるため、とりあえず乗れるようにはしといたけど、あとは好きにしてね、と言わんばかりの内容である。タイヤとホイールから言うならば、そのまま乗るなら圧倒的にRZ。逆に交換しちゃうならRZの必要はなしとなるワケだ。

先代モデルに対してじつはグレード別の格差が小さいGR86

 ちなみに先代86は上位からGT Limited/GT/Gの3グレード構成(RCは初期だけ存在)。GTに豪華パーツを加えたのがGT Limitedで基本パーツは同じだ。対するGはブレーキローターが小さく、キャリパーもピストンが小さいタイプで、全体的に容量が小さかった。しかし、GR86はブレーキは共通なので、SZでも問題ないのだ。

 では、RZにタイヤとホイール以外、どこに優位性があるかという話になる。そこで出てくるのが内装だ。シート表皮はRZはウルトラスエード&本革のバックスキン的なやつで質感が高い。対してSZのシートはファブリック。メーターバイザーもRZはブランノーブ表皮というバックスキン的なもので反射しにくい。さらにRZのサンバイザーには照明が付いているほか、RZではブラック×レッドの内装カラーが選択可能だ。

 ほかのグレードを選ぶとブラックのみとなる。細かなところではRZにはリヤフォグランプも備わる。

下位グレードを購入して車両代の差額分をカスタムする手もアリ

 要するに、走る装備はほとんど変わらないのである。しかもタイヤ&ホイールを交換してしまうなら、RZである必要はない。ちなみにデフは全車トルセン式LSDが装着されるので、ここでも差がない。RZのみスポーツブレーキパッドが装着されるが、数万円で好みのブランドのスポーツパッドに交換すればいいとなる。

 ならば差額の分、チューニングしたほうが良いとも考えられる。30万円の価格差があればスポーツパッドと、国産ハイグリップラジアルタイヤは無理でも、セカンドグレードやアジアン系のハイグリップタイヤと、鋳造のスポーツホイールで約20万円。あと10万円で入門向けの車高調なら揃えることが可能だ。LSDは標準のものでも十分サーキットを楽しめるので、もうこれでスポーツ走行パッケージが完成してしまう。

 もうひとつの選択として、とりあえずSZなら17インチのタイヤ&ホイールなら見た目は十分なので、タイヤのみハイグリップタイヤへの交換で約10万円。さらにシートをスポーツシートに交換した場合、片側約10万円でシートレール込みで左右合計で約20万円。つまり30万円でスポーティなカスタムができてしまう。

 ある程度いじって遊ぶならRZである必要はなく、その差額で十分にサーキットパッケージを作ることができるのだ。17インチの純正ホイールも不要なら、RCを選べばもっとお得。その差額で20万円でタイヤ&ホイールを買ってもいいし、ホイールだけでなら鍛造ホイールも手の届かない価格ではない。

リセールを考えると「RZ」が幸せになれるがカスタム派はその限りではない

 では、RZとはなんだったのか……。先代モデルでは、GTとGの間には大きな差があった。GTはスマートキー&オートエアコン、Gはキーレスエントリーは付いているが、プッシュスタートではなくカギをイグニッションに挿して始動。エアコンはマニュアルだったし、それらすべてがGR86では統一化され、スマートキー&オートエアコン付きとなる。

 とはいえ、先代の中古車相場の動きを見ていると、新車時以上の差が出るのが常。先代では30万円ほどだった新車時の差が、中古車相場になると50万円以上の差になっていることが多かった。となると、RZには売るときの優位性がある可能性が高い。スピーカーの数も多く、内装の質感も高い。純正タイヤも高性能なので、しばらくはノーマルで楽しもうとか、そこまで改造しないで楽しみたいと思っているならRZを買った方が、乗り換え時にメリットがありそうだ。

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

[car audio newcomer]トヨタ ウィンダム(山崎大士さん)by Warps 後編
[car audio newcomer]トヨタ ウィンダム(山崎大士さん)by Warps 後編
レスポンス
”現地の代理人”みたいな立場だった? 日本初開催のフォーミュラEで東京都が果たした役割
”現地の代理人”みたいな立場だった? 日本初開催のフォーミュラEで東京都が果たした役割
motorsport.com 日本版
ポルシェ、電動SUV「マカン」シリーズに「マカン」「マカン4S」を追加設定、合計4グレードのラインナップを展開
ポルシェ、電動SUV「マカン」シリーズに「マカン」「マカン4S」を追加設定、合計4グレードのラインナップを展開
月刊自家用車WEB
KTMがラインアップの価格改定を発表、8月1日より適用
KTMがラインアップの価格改定を発表、8月1日より適用
レスポンス
スバルの「斬新オープンカー」に熱視線! めちゃ車高アップで「悪路」も走行可能!「AWD×水平対向×オープン」実現したユニークすぎる「B9S」に反響あり!
スバルの「斬新オープンカー」に熱視線! めちゃ車高アップで「悪路」も走行可能!「AWD×水平対向×オープン」実現したユニークすぎる「B9S」に反響あり!
くるまのニュース
真夏のクルマは「オーバーヒート」にご注意! 旧車じゃなくとも10年を超えた車両に突然襲ってくるトラブルの対処法は?
真夏のクルマは「オーバーヒート」にご注意! 旧車じゃなくとも10年を超えた車両に突然襲ってくるトラブルの対処法は?
Auto Messe Web
メルセデス・マイバッハ Sクラス 伝統のV12を現代に継承する“究極のラグジュアリー”
メルセデス・マイバッハ Sクラス 伝統のV12を現代に継承する“究極のラグジュアリー”
グーネット
アウディ、SUVクーペ「Q8」に改良版「RS Q8」とさらなる強力版「RS Q8パフォーマンス」を導入!
アウディ、SUVクーペ「Q8」に改良版「RS Q8」とさらなる強力版「RS Q8パフォーマンス」を導入!
LE VOLANT CARSMEET WEB
日産 ダットサン・サニーエクセレント 1400クーペGX(昭和48/1973年5月発売・KPB210型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト078】
日産 ダットサン・サニーエクセレント 1400クーペGX(昭和48/1973年5月発売・KPB210型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト078】
Webモーターマガジン
BMW『M5』新型、ワールドプレミアの瞬間…グッドウッド2024
BMW『M5』新型、ワールドプレミアの瞬間…グッドウッド2024
レスポンス
手術を乗り越えて復活! マシンをGRヤリスにスイッチして全日本ラリーに再参戦した「コバライネン」を直撃した
手術を乗り越えて復活! マシンをGRヤリスにスイッチして全日本ラリーに再参戦した「コバライネン」を直撃した
WEB CARTOP
ドコモ・バイクシェアとOpenStreetがついに提携! 三つ巴のシェアサイクル業界、どう変化していく?
ドコモ・バイクシェアとOpenStreetがついに提携! 三つ巴のシェアサイクル業界、どう変化していく?
くるくら
アストンマーティン、ヴァルキリーLMHのシェイクダウン実施。来季WEC&IMSA正式投入に向けて準備着々
アストンマーティン、ヴァルキリーLMHのシェイクダウン実施。来季WEC&IMSA正式投入に向けて準備着々
motorsport.com 日本版
運転下手もこれなら余裕! 超小まわりが利く「市街地最強」のクルマ4選
運転下手もこれなら余裕! 超小まわりが利く「市街地最強」のクルマ4選
WEB CARTOP
日産が新型「NISMO」世界初公開へ! 赤アクセントがめちゃスポーティ!? 「楽しみ!」「これは熱い!」期待する声続々!
日産が新型「NISMO」世界初公開へ! 赤アクセントがめちゃスポーティ!? 「楽しみ!」「これは熱い!」期待する声続々!
くるまのニュース
プロのクルマ鑑定師が伝授!BMW・3シリーズは骨格に注目!?【グー鑑定団 #1】
プロのクルマ鑑定師が伝授!BMW・3シリーズは骨格に注目!?【グー鑑定団 #1】
グーネット
ホラーの夏! 渋谷凪咲×Jホラーの巨匠・清水崇『あのコはだぁれ?』で背筋が凍りつく
ホラーの夏! 渋谷凪咲×Jホラーの巨匠・清水崇『あのコはだぁれ?』で背筋が凍りつく
バイクのニュース
国交省、UDタクシー「認定レベル準1」に日産セレナとNVバネットの車いす仕様車
国交省、UDタクシー「認定レベル準1」に日産セレナとNVバネットの車いす仕様車
日刊自動車新聞

みんなのコメント

4件
  • 先代から居ましたけど、プライマシーをエコタイヤと馬鹿にしてる時点でライターの程度が知れますね
  • 鉄チン嫌なら、ホイルキャップ付けたらいい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

215.9777.0万円

中古車を検索
GR86の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

215.9777.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村