サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン、人種差別と米の暴動に心を痛めるも「黙っていてはいけない」

ここから本文です

 人種差別を発端に、アメリカが揺れている。ミネソタ州ミネアポリスで、白人警官デレク・ショービンが黒人男性のジョージ・フロイドさんの首を膝で押さえつけ、死に追いやった事件は、全米30ヵ所以上での抗議デモや暴動へと発展している。

 これまでも人種差別に対して抗議の声を挙げてきたルイス・ハミルトン(メルセデス)は、5月31日にソーシャルメディアを通じて、この事態に対して沈黙を守っていたF1界に疑問を投げかけた。

■ハミルトン、世界で広がる人種差別の抗議活動に「F1界がもっと反応すべき」と警鐘

「こういった不当な行為が行なわれている中でも、あなた達はまだ沈黙を守っている」

「白人が支配しているこの業界の誰からも反応がない。

おすすめのニュース

サイトトップへ