サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス代表、F1カナダGPで好パフォーマンスも安心できず「まだまだレッドブルやフェラーリとは戦えない」

ここから本文です

 メルセデスは、先日行なわれたF1カナダGPでルイス・ハミルトンが3位、ジョージ・ラッセルが4位に入った。これは、同チームにとって今季最高タイの成績であり、決勝でのペースも、もっとも競争力があったといえる。

 しかし同チームのトト・ウルフ代表は、チームのパフォーマンスが向上していたとしても、すぐにフェラーリとレッドブルのトップ2チームに挑めるわけではないと考えている。

■メルセデス、迷走はまだ続く。ラッセル「トラップにハマり続けている感じ……」

 今季開幕から、ポーパシングの影響を受ける形で好パフォーマンスを発揮できていないメルセデス。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン