サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【一気にトレンドになる可能性は?】スカイラインとBMWが採用した「手放し運転」機能の採用は拡大するのか

ここから本文です

【一気にトレンドになる可能性は?】スカイラインとBMWが採用した「手放し運転」機能の採用は拡大するのか

 新型スカイラインのハイブリッドモデルに採用された技術

 日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020で、栄えあるイノベーション部門賞を受賞したのが日産スカイライン。2019年7月に発表され、9月から発売を開始した新型スカイラインに搭載された、ハンズオフ運転を可能にしたプロパイロット2.0がその受賞の大きな理由である。

なぜエンジン車には不採用? 日産スカイラインが手放し運転可能な「プロパイロット2.0」をHVのみに搭載したワケ

 先進運転支援技術のプロパイロット2.0は、「高速道路の複数車線をナビゲーションシステムと連動して設定したルートを走行し、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて、同一車線でハンズオフが可能となる世界初の先進運転支援技術。プロパイロット2.0での走行中にドライバーが警報に反応せずシステムが車両を緊急停止させた際に、専用のオペレーターに自動接続するプロパイロット緊急停止時SOSコールを搭載」。

「ルート走行中の車線変更と分岐、追い越し時の車線変更の支援機能として、ナビゲーションシステムで目的地を設定し、高速道路の本線に合流するとナビ連動ルート走行を開始。ナビゲーションと周囲の360度のセンシング情報に基づき、ルート走行中の分岐や追い越しのための車線変更の適切なタイミングをシステムが判断し、ドライバーに提案。そして、ドライバーがハンドルに手を添え、スイッチ操作で承認することで、車線変更支援を開始。車線変更や追い越し、走行車線への復帰もスムーズに行える」というものだ。

 さらに、「同一車線内でのハンズオフ機能としてプロパイロット 2.0は、高速道路の本線走行中、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて、同一車線内でのハンズオフが可能」となる。

 こうした、近未来の自動運転に向けた先進運転支援技術=ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能は、日本において2019年夏からBMWも採用している(3シリーズ、7シリーズ、8シリーズクーペ、8シリーズカブリオレ、X5、X7)。単眼でも距離認識可能な高性能カメラを3機、つまり車両周辺監視用、中距離検知用、長距離検知用の単眼カメラを搭載。検知された情報は毎秒2兆5000億回の演算能力を持つ「EyeQ4」で処理され、正確なレーンキーピング、より長距離の危険予測、より高角度視野での周辺危険予測を実現しているという。

 また、安全かつ正確な車線変更をサポートする、レーンチェンジアシストも用意。リヤバンパーに組み込まれたセンサーがドライバーから死角になる左右後方の車両などを認識し、衝突の危険がないことを検知。ウィンカー操作で車線変更の意思を車両に伝えると、ステアリング操作をアシストし、車線変更をサポートしてくれるというものだ(ハンズオフ機能は2019年7月以降生産の7シリーズ、8シリーズ、X5、X7のみ)。

 高級車には広がる可能性がある!

 と、いよいよ自動運転に大きく近づいたのか? と思ってしまうが、あくまで運転責任はドライバー側にある、レベル2の自動運転の範疇だ。高速道路の渋滞時などで、ドライバーが緊急時に直ちに対応できる状態にあるという限定された条件下で、走行中にスマホの操作やテレビの視聴などが可能な、いきなりハードルが高くなるレベル3とは異なる(法整備とは別問題)。

 しかも、プロパイロット2.0のハンズオフ運転は現状、約60~90km/hの速度域での作動に限られる(±10km/hの猶予あり)。それ以上の速度域になると、セレナなどに搭載される、従来のプロパイロット(最新バージョン)として機能するのである。BMWのハンズオフ機能にしても、「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」と言うだけあり、作動は高速道路上の60km/h以下に制限。自動運転レベル2ということになる。

 さて、ホンダが2020年に自動運転レベル3を実現する……というニュースが話題になっている今日このごろだが、ハンズオフ機能はこれから一気に広まるのだろうか? その答えのひとつが、高級・高額車に限れば広がる可能性がある、である。そうした技術は搭載車の少なさもあってまだまだ高額で、たとえば、スカイラインの場合、高精度3Dマップ(これも高価!)と7個のカメラ、ソナーを使った高速道路のナビ連動ルート走行&同一車線でのハンズオフ機能にかかるコストもしかり。

 プロパイロット2.0が用意されるHVに、プロパイロット2.0なしのモデルが用意されないため、プロパイロット2.0単体価格の算出は難しいが、イメージとして50万円ぐらいだと思われる。つまり、セレナe-POWERなどのプロパイロットに対して、倍以上の金額、コストアップということになる。

 もっとも、プロパイロット2.0はハンズオフ運転以外のメリットもある。それが高精度3Dマップと7個のカメラ、ソナーを使った高速道路のナビ連動ルート走行である。高速道路をペダル操作なしで走れる従来の全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)は、80km/hにセットすると、前車追従、渋滞追従はしてくれるものの、前車がいないとカーブや料金所、高速道路の下口でも80km/hのまま突っ込んでしまう。

 それが、プロパイロット2.0の高速道路のナビ連動ルート走行であれば、高精度3Dマップや速度標識の認識などによって、必要に応じてしっかり減速操作まで行ってくれるから安心だ(高速道路の出口でいきなり40km/h制限になるとそれに正直に従い、ドライバーの普段のブレーキング、減速よりも強い急減速を行うのだが……)。また、スカイラインのプロパイロット2.0で最大の関心事となるかもしれない自動車線変更については、ステアリングに手を添えている必要があり、ハンズオフ運転対象外である……。

 つまり、現時点でのハンズオフは、ACCやレーンキープ機能と、自動運転レベル3をつなぐ過渡期的機能であり、先進的で便利ではあるものの、自動運転に大きく期待する内容、レベルとはちょっと違うと考えていい。コストを含めて、一部の高級・高額車には先進感ある商品力を高める意味で広がる可能性はあるものの(ホンダの自動運転技術レベル3搭載車も、自動運転機能なしの現行モデルで720万円オーバーとなるレジェンドと言われている)、コンパクトカーなど、売れ筋のクルマへの搭載は、技術やハードの価格が下がるまで、おあずけとなるはずである。ちなみに、スカイラインのプロパイロット2.0搭載車は、GT HYBRIDの557万5900円からだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します