サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ・ライツ 第3大会SUGO|阪口晴南がダブルPPを獲得するも、宮田莉朋が決勝で2勝をマーク

ここから本文です
 今季から新しく始まった全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権は第3大会を迎え、ランキング首位の宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM’S)が第6戦と第8戦で優勝。今大会で予選ダブルポールポジションを勝ち取った阪口晴南(B-MAX RACING TEAM)は第7戦で勝利を飾った。

 17日(土)の公式予選はウエットコンディションの中で行なわれたが、その中で好調な走りをみせたのが阪口だ。ベストタイムで1分26秒848を記録し、2番手以下に1.6秒以上の大差をつけると、セカンドベストタイムでも1分26秒966をマークしライバルを圧倒。

おすすめのニュース

サイトトップへ