サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【アファルターバッハの夢】メルセデスAMGの歴史 飽くなきハイパフォーマンスの追求

ここから本文です

【アファルターバッハの夢】メルセデスAMGの歴史 飽くなきハイパフォーマンスの追求

夢をかなえた男たち 社名の由来

text:AUTOCAR UK編集部

【画像】AMG GT、A 45、C 63、SLS、G 63【アファルターバッハのモンスターを写真で見る】 全154枚

translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

良いニュースが不思議な形でやってくることもある。ハンス・ヴェルナー・アウフレヒトにとって、メルセデス・ベンツが1965年にレース活動から撤退すると決定したことは、災難に思えたに違いない。

10代の頃、彼はメルセデスのレース用エンジンを作ることを夢見ていたが、同社に就職して間もなくその夢は打ち砕かれようとしていた。

普通の人なら現実を受け入れて、夢を諦めてしまうだろう。しかしアウフレヒトは違った。

エアハルト・メルヒャーという志を同じくする同僚とともに、300 SEを手に入れて分解し、エンジンの出力を172psから241psに引き上げ、マンフレッド・シークの運転により1965年のドイツ・ツーリングカー選手権で10戦10勝を挙げた。

ニュースは瞬く間に広まり、翌年末にはアウフレヒトとメルヒャーに、公道やサーキットで使用するためのメルセデスのチューニング依頼が殺到した。そこで1967年、彼らはメルセデスでの仕事を辞めて独立し、ブルクシュタルの近くにショップを設立することを決意した。

こうして、アウフレヒト(A)とメルヒャー(M)、そしてアウフレヒトの故郷であるグロース・アスパッハ(G)が1つになり、AMGが誕生したのである。

商売は繁盛した。メルセデスでさえもチャンスを見落としていたことに気づき、ロードカーを高度にチューニングしたバージョンをリリースし始めた。その最もわかりやすい例を挙げると、1968年の6.3L 300 SELがある。

しかし、メルセデスのスーパーサルーンがどんなに速くてパワフルなものであっても、AMGはそれをさらに追い越すために心血を注いだ。

3年を要したが、6.3Lで250psの300 SELが、6.8Lで434psのレースカーに仕上がっていた。1971年のスパ24時間レースでは、グリッド上に大きな赤い「豚」が出現したことに群衆やライバルからは驚きの声が上がっていたが、見事に2位とクラス優勝を果たした。

エンジンだけでなく、インテリアのカスタム需要にも後押しされてビジネスは急成長を遂げ、1976年にはグロース・アスパッハの敷地が手狭になったためアファルターバッハへ移転し、現在に至る。

ビジネス成功 本家を超えるパフォーマンス

1980年代半ばには、単なる既存モデルのチューニングだけでなく、自社製モデルと呼ぶに値するほどのものを仕上げるようになっていた。

1984年のAMG 500 SECは、メルセデスよりもずっと前に4バルブシリンダーヘッドを搭載していた。しかし、AMGが「ハンマー」というエンジンで有名になったのは1986年のことだった。

これは中型セダンのW124に、メルセデス最大のエンジン(5.6L)を押し込んだものだ。4バルブヘッドはAMGの手により独自に取り付けられていた。

かつてAUTOCARのロードテストを担当していたデビッド・ビビアンは、このように説明している。

「フェラーリ288 GTOに対抗するのに十分な速さで、おばあちゃんでも運転できる」

当時、4速ATを搭載した後輪駆動のセダンが、0-97km/h加速で5.0秒フラットというタイムを叩き出し、最高時速295kmに到達するというのは、前例のない、とんでもない偉業だった。

1990年になると、メルセデスとAMGの関係が正式なものとなった。メルセデスにAMGのブランド価値を付与するだけでなく、メルセデスのディーラーを通じて(保証付きで)AMGモデルを販売できるようになった。だが、最も重要なポイントは、メルセデスとAMGが車両開発の分野で協力し始めたことだ。

その最初の成果が、1993年に発表されたW202ベースのC 36 AMGだった。

今日では、510psのAMG Cクラスが買えるというのに、C 36の280psは大したことないように思えるかもしれない。しかし、当時はE36世代のBMW M3とほぼ対等の関係にあると言っても過言ではなかった。

C 36は、後の全世代にわたってAMGモデルの印象を決定づけた重要なクルマだった。

狂気の時代 次々と生まれる伝説

1990年代の中盤以降は、GクラスやMLクラスのようなSUVを初めて投入するなど、ラインナップの肉付けに時間が費やされた。そして最終的に、スリーポインテッド・スターをつけたクレイジーなモデルがいくつも公道へ躍り出ることになる。

例えば、5.9L、MTのG 60や、全長6.2m、6ドアのS 63プルマン、CLK GTRの市販モデル(25台)など。SL 73 ロードスターは7291ccのエンジンを搭載していたが、戦後メルセデスの標準的な市販モデルに搭載された中で最大のものだと思う。

2001年、メルセデスとAMGは、戦前にグランプリを制覇していた技術を採用した。5.4L V8にスーパーチャージャーを追加することで、走りの良さを損なうことなく、次のレベルのパワーとパフォーマンスを実現したのだ。

2002年モデルのE 55は、最もパワーの低い状態でもフェラーリF40と全く同じパワーを発揮し、電子制御で250km/hに制限されていなければ、最高速度は320km/hを超えていただろう。

翌年の2003年は、AMGにとって重要な年となった。AMGのエンジンが、マクラーレンが製造したSLRに搭載されたのだ。

一方で、初のディーゼルを生産したのもこの年だ(C 30 CDIを覚えている人はいるだろうか)。230psしか出なかった5気筒ディーゼルは、AMGらしくないエンジンだった。また、同年にSクラスへ導入された6.0L V12ツインターボは、今年廃止されたばかりだ。

もう1つ画期的な出来事がある。それは、3年後の2006年に発表された6.2L 自然吸気V8エンジンだ。驚くべきことに、このエンジンは、既存のメルセデス製をベースにしたものではなく、AMGが一から設計した最初のエンジンだったのだ。

2006年は、メルセデスとAMGが初の「ブラックシリーズ」モデル、SLKブラックシリーズを発表した年でもある。

ラインナップ拡大 ハッチバックからガルウィングまで

驚異的なCLKブラックや影の薄いSL 65ブラックなど、ブラックシリーズはその後も続々と登場したが、これらはAMGにとって「準備運動」に過ぎなかった。

マクラーレンがSLRの開発を任されたとき、AMGの中には「自分たちにも同じことができたのではないか」と、不満を募らせる人もいた。彼らの不満はすぐに解消されることになる。SLSの登場だ。

SLRよりも安価で運転しやすく、ガルウィングドアも復活し、SLS AMG Eセルは初の全電動スーパーカーとなった。その後、ガルウィングのないロードスターや、よりハードコアなSLSブラック・エディションが登場する。

この時期には、R 63 AMGをはじめとした無名のモデルも現れる。6.2L V8エンジンを搭載し、510psを発生するこのラグジュアリーMPVは前例のない組み合わせだったが、0-100km/h加速をわずか4.6秒で達成できるにもかかわらず、販売されてから1年で販売中止となってしまう。

その後、AMGはメルセデスのAクラスに目を向け、フォルクスワーゲン・ゴルフRやアウディRS3などに匹敵する全輪駆動のホットハッチへと生まれ変わらせた。

A 45は、2.0L 4気筒エンジンから381psものパワーを引き出す非常にパワフルなハッチバックとなるが、運転のしやすさは維持されていた。

これにより、Bクラスを除くほぼすべてのメルセデスにAMGバージョンが登場し、そのすべてに「1人のマイスターが1台のエンジンを」という哲学に基づくAMG製エンジンが搭載されることになる。

やがてSLSに代わってAMG GTが登場し、同社が完全自社開発した2台目のモデルとなった。このクルマには、サーキット走行に特化したAMG GT RやAMG GT Rプロ、GTロードスター、プロレース仕様のGT3やGT4など、複数のバリエーションが存在する。

時代の変化 電動化で切り拓く未来

2016年には、3.0L V6エンジンを搭載するの最初のモデル、SLC 43が導入された。フラッグシップモデルの「63」に続くエントリーモデルである。

その2年後には、CLS 53、E 53クーペ、E 53カブリオレにハイブリッドアシストが登場する。スターター/ジェネレーターを内蔵した3.0L 6気筒ツインターボエンジンは、425psを超える出力を発揮した。

AMG GTのラインナップは、2018年に登場したGT 4ドアクーペによりさらに拡大したが、2シーターのスポーツカーとの共通点はほとんどなかった。その代わりに、4.0L V8ツインターボを搭載したマイルド・ハイブリッドのパワーと、ポルシェ・パナメーラ・ターボに匹敵するパフォーマンスを備えた豪華なエグゼクティブ・クルーザーとなったのである。

第2世代のAクラスでは、2つのバリエーションが与えられることになった。エントリーレベルのA 35はアファルターバッハの体験を低価格で提供し、A 45は422psの巨大なパワーにより世界で最もパワフルな市販4気筒のタイトルを奪還することになる。

しかし、他のパフォーマンスブランドと同様に、AMG初のマイルド・ハイブリッド・パワートレインがGLE 53とE 53サルーンに導入された今、同社のモデルラインナップの将来性に注目が集まっている。

メルセデスで排出ガス関連のトップを務めるフランク・オーバーマイヤーは昨年、800psを超えるGT 73は、巨大な4.0L V8を電気モーターで補うことになると、AUTOCARに語った。

「AMGの全車には、将来的にプラグイン・ハイブリッドをオプションとして用意する予定です。マイルド・ハイブリッドは、排出ガス削減効果が小さすぎるため、AMGの戦略にはありません」

欧州の厳しい排出ガス規制に対応するため、現在のV8エンジンはダウンサイジングされた4気筒ハイブリッドに置き換えられると予想されている。

しかし、アファルターバッハにとって、これでハイパフォーマンスが終焉を迎えるわけではない。

同社は現在、フォーミュラ・ワンから派生した1.6L ハイブリッドを使って1000ps以上を発生するハイパーカー、AMGワンの開発に取り組んでいる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します