サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ロータスの新型ミッドシップスーパーカー「エミーラ」日本初公開! 東京オートサロン2022で展示

ここから本文です

ロータスの新型ミッドシップスーパーカー「エミーラ」日本初公開! 東京オートサロン2022で展示

■405馬力の3.5リッターV6+スーパーチャージャーをミッドに搭載

 ロータスの正規販売輸入総代理店、エルシーアイは2022年1月14日、千葉県・幕張メッセで開催中の「東京オートサロン2022」において、ロータス新世代モデル新型「エミーラ」を日本初公開しました。

【画像】ロータスの新世代スーパーカー「エミーラ」日本初登場!画像でチェック(19枚)

 エミーラは2021年7月に世界初公開された新型プレミアムミッドシップスポーツカーで、日本でもエルシーアイが同年10月に受注を開始しています。

 今回日本初公開されたエミーラ「V6ファーストエディション」は、全長4413mm×全幅1895mm×全高1226mm、ホイールベース2575mmというボディサイズで、エキシージとエヴォーラに供給されているトヨタ製3.5リッターV型6気筒+スーパーチャージャーを搭載。最高出力は405馬力、420Nm(AT車は430Nm)を発生します。トランスミッションはオープンマニュアルギアシェンジメカニズムの6速MTを組み合わせています。

 これにより、0-100km/h加速は4.3秒(AT車は4.2秒)、最高速度は288km/hというパフォーマンスを発揮します。

 20インチ超軽量Vスポーク鍛造ダイヤモンドカットアロイホイールが標準装備となります。

 また7種類から選択可能なインテリアトリム&シートを標準装備。レザーは、ブラックナッパレザー+グレーコントラストステッチ、レッドナッパレザー+レッドステッチ、アイスグレーナッパレザー+アイスグレーステッチ、タンナッパレザー+タンステッチの4種類から選択可能です。

 アルカンタラは、ブラックアルカンタラ+グレーコントラストステッチ、ブラックアルカンタラ+イエローコントラストステッチ、ブラックアルカンタラ+レッドコントラストステッチの3種類から選択可能です。サテンクロームインテリアトリムフィニッシュ、アンビエントムードライト(ホワイト)、ロータスネーム?りシルキックプレートがプレミアムルックを完成させます。

 オプションで6速AT(パドルシフト付。34万1000円、消費税込、以下同)、フルブラックパック(23万1000円)、ステアリングホイール+TDCマーク&ステッチ(7万7000円)を用意しています。

 エミーラV6ファーストエディションは、鮮やかなエクステリアカラーが標準装備となり、セネカブルー、マグマレッド、へセルイエロー、ダークバーダント、シャドーグレー、ニンバスグレーの6色から選択できます。 東京オートサロン2022で展示されたモデルはシャドーグレーです。

 車両価格は1353万円です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します