サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ツインキャブがイカしてる! アナログ時代のホットなコンパクトカー3選

ここから本文です

■アナログながら高性能化したコンパクトカーを振り返る

 現在、新車で販売されているクルマのパワーユニットは、すべて電子制御化されています。純粋なガソリン車でも燃料マネージメントや点火時期、駆動力の制御などはコンピューターなくしては考えられません。

862馬力の怪物! トヨタ「カローラスポーツ」本気のFR仕様

 国産車では1970年代にエンジンの電子制御化が始まりましたが本格的に普及したのは1980年代で、緻密な燃料マネージメントが可能になったことから、高出力化や低燃費化を達成。とくにターボエンジンには必要不可欠といえました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン