サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリの速さは「驚きではなかった」と語るノリス。マクラーレンとイモラの相性は微妙?|F1エミリア・ロマーニャGP

ここから本文です
 2021年のF1開幕戦バーレーンGPで、中団勢をリードするようなパフォーマンスを見せたのはマクラーレンだった。彼らはランド・ノリスが4位、ダニエル・リカルドが7位に入ったことで、コンストラクターズランキング3番手につけている。

 しかしながら、第2戦エミリア・ロマーニャGPの初日で安定した速さを見せたのはフェラーリ勢だった。カルロス・サインツJr.とシャルル・ルクレールはFP1、FP2共にトップ6に食い込み、アルファタウリのピエール・ガスリーと共に好調さをアピールしている。一方のマクラーレンは、FP2でノリスが8番手タイムを記録するのみにとどまっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ