サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1の”育成外”セルジオ・ペレス起用は「成熟した決断」ホーナー代表語る

ここから本文です

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、アレクサンダー・アルボンの後任として今季セルジオ・ペレスを起用したことは、”成熟した決断”だったと考えているようだ。

 レッドブルは今季、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてペレスを起用する。これはレッドブルにとって、2007年のマーク・ウェーバー以来久々に、自社育成以外から起用したドライバーということになる。

■レッドブル・ホンダ“ラストイヤー”を飾るニューマシン『RB16B』の発表日が明らかに

 2009年にチームに加入したセバスチャン・ベッテル以降、常に”レッドブル・ジュニア”出身のドライバーがレッドブルのドライバーを務めてきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ