サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1イタリアGP勝利は”フロックでもなんでもない”。リカルド「タイヤ交換を終えた時、勝利を確信した」

ここから本文です

 モンツァ・サーキットで行なわれたF1イタリアGPを制したのは、マクラーレンのダニエル・リカルドだった。今季はレッドブルとメルセデスが速さを見せる中でマクラーレンが勝ったのは、番狂わせのようにも思える。事実、今回のレースではレッドブルのマックス・フェルスタッペンとメルセデスのルイス・ハミルトンが、クラッシュし、揃って姿を消している。

 しかしリカルドは、F1イタリアGPの勝利はまぐれや幸運ではなく、ふたりがクラッシュする前の時点で、既に自分が勝利を手中に収めていたと考えている。

■ハロがハミルトンの命を救った。メルセデス代表「なければ恐ろしい事故になっていたはず」

 リカルドの勝利により、マクラーレンは2012年以来随分と久しぶりの勝利を手にした。

おすすめのニュース

サイトトップへ