サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 開幕戦でパフォーマンス不足を露呈……“緊急事態”のフェラーリ、計画前倒しで第2戦に空力アップデート実施へ

ここから本文です
 2020年シーズンのF1開幕戦オーストリアGPを終え、マシンパフォーマンスでライバルに後れを取っていることが発覚したフェラーリ。彼らは予定されているアップグレードを前倒しして実施しようとしているようだ。

 フェラーリは2月にカタルニア・サーキットで行なわれたプレシーズンテストの際、新車SF1000に空力面で欠陥があることを発見していた。その後新型コロナウイルスの流行で開幕は7月までずれ込んだが、彼らは7月19日に決勝が行なわれる第3戦ハンガリーGPまで、アップデートの投入を待たねばならない状態だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ