サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】「優勝にはあと“ちょっと”足りない」バレンティーノ・ロッシ、2020年は久しぶりの優勝なるか?

ここから本文です

 2020年、バレンティーノ・ロッシにとってヤマハ・ファクトリーチームでの最後のシーズンが始まろうとしている。

 2020年型のYZR-M1が強力なパッケージであることは、セパンテスト3日間を通してファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)がトップタイムを独占したことからも証明されている。またマーベリック・ビニャーレスもセパンテストのロングランで非常に力強い走りを見せていた。

■「僕より若いんだから」現役最年長のロッシ、ロレンソ&ペドロサは“復帰”可能と語る

 今季型のM1にはスタート改善を目的としたホールショットデバイスなどの様々なアップデートが、昨年11月に行なわれたテストから導入されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン