サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ドライバー急病→車両を自動停止 異常時対応システムEDSSトラックに初搭載 いすゞ

ここから本文です

ドライバーモニタリングシステムで異常を自動検知

 いすゞは2021年5月14日(金)、ドライバー異常時対応システム(EDSS)をオプション採用した大型トラック「ギガ」の改良版を発売しました。

銀色ピカピカのタンクローリー なぜあんなにピカピカなの? 実は意味がある鏡面仕上げ

 EDSSは、走行中にドライバーが急病などで運転を継続することが困難な状態に陥った場合、車両を緊急停止させる装置です。大型バスや路線バスでは2018年から採用されていましたが、トラックへの採用は国内初ということです。

 緊急停止は、ドライバーをモニタリングするシステムが異常を自動検知、あるいはドライバー自身のスイッチ操作により発動します。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン