サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > NTN、自動車用ULTAGE円すいころ軸受の量産納入を開始…省燃費化に貢献

ここから本文です
NTNは10月16日、トランスミッションやデファレンシャル向けに開発した「自動車用ULTAGE(アルテージ)円すいころ軸受」の量産納入を開始したと発表した。

トランスミッションやデファレンシャルなどの動力伝達装置は自動車の省燃費化を背景に小型・軽量化が進んでいる。小型かつ軽量な装置で従来と同等のトルクを出力するために、装置の高出力化が進み、軸受には高速回転性能が求められている。また、軽量化のために用いられるアルミ製ハウジングは、従来の鉄製のハウジングよりも剛性が低くなり、軸受に加わる偏荷重が増加。

おすすめのニュース

サイトトップへ