サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【角田裕毅を海外F1ライターが斬る】3戦ノーポイントでも、大きなポテンシャルを見せた。チームの貴重な財産になる

ここから本文です

 2021年に7年ぶりに日本人F1ドライバーが登場した。アルファタウリ・ホンダからF1にデビューした角田裕毅だ。極めて高い評価を受け、大きな期待を担う角田を、海外の関係者はどう見ているのか。今は引退の身だが、モータースポーツ界で長年を過ごし、チームオーナーやコメンテーターを務めた経験もあるというエディ・エディントン(仮名)が、豊富な経験をもとに、忌憚のない意見をぶつける。今回は2021年F1第18戦メキシコ、第19戦ブラジル、第20戦カタールについて振り返ってもらった。

────────────────────────

【角田裕毅を海外F1ライターが斬る:アメリカ編】取り戻した持ち前の強さ。先輩ドライバーのサポートが奏功か

 3戦でノーポイント。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ