サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車載ディスプレイ部材世界市場、コロナ禍で減速も2021年には回復 矢野経済予測

ここから本文です
矢野経済研究所は、車載ディスプレイ部材世界市場を調査。コロナ禍により自動車生産台数減少により減速は余儀なくされるものの、2021年には昨年レベルまで回復すると予測する。

世界自動車生産台数はここ数年、8800万~8900万台をキープしてきたが、2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行により、大幅に縮小する見込み。順調に搭載数を伸ばしてきた車載ディスプレイだが、部材関連メーカーの中ではポジティブに見て前年比80%程度、ネガティブ要因が重なった場合には60~70%まで縮小するとの見方もある。

おすすめのニュース

サイトトップへ