サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 腕上がりの手術を受けたクアルタラロ「傷口が少し伸びているけど走行に問題はないと思う」/MotoGP第5戦フランスGP

ここから本文です
 5月13日、ル・マン-ブガッティ・サーキットで開催される2021年MotoGP第5戦フランスGPを前にプレスカンファレンスが行われ、コンパートメント症候群(腕上がり/アームパンプ)の手術を受けたファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)がコメントした。

 ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで5月2日に行われた第4戦スペインGPの決勝で、ポールスタートのクアルタラロがレース中盤から急に失速。右腕に腕上がりの症状が出たためブレーキングが厳しくなりトップから18秒907遅れの13位でフィニッシュした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン