サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【角田裕毅F1第11戦密着】僚友との間に生じた1秒の差に困惑。コースインのタイミング、路面状況も一因か

ここから本文です

 2021年F1第11戦ハンガリーGP初日のフリー走行1回目でクラッシュし、セッションの後半をガレージで過ごした角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)。レース用のギヤボックスに交換し、金曜日の走行データを元にセットアップされたマシンに乗り込み、土曜日のフリー走行3回目は精力的に走り込んだ。

 60分間のセッションで、全ドライバーのなかで最も多い25周を走行し、金曜日にできなかったマシンの限界を探る作業を行った。

ホンダ田辺TD「メルセデスの後ろ2列目という厳しい結果に。決勝で順位を上げることを目指す」/F1第11戦予選

 しかし、フリー走行3回目の後には予選が控えており、限界を超えて金曜日のようなクラッシュを犯すことは絶対に許されない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン