サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > バイクショップNEN CBR650F(ホンダCBR650F)/現代版CBR400Fを外装コンバートという手法で実現!#Heritage&Legends

ここから本文です

バイクショップNEN CBR650F(ホンダCBR650F)/現代版CBR400Fを外装コンバートという手法で実現!#Heritage&Legends

今普通に売られていてもまったくおかしくない
1980年代バイクブームを知る人にもごく自然に「おっ、きれいなホンダCBR400Fだな。足まわりも流用で換えてるんだろうな」と思わせる一方で、当時を知らない人にも「これ、何て言う新型モデルですか?」と聞かれそうなくらい、市販車的なすっきりしたまとまりを見せてくれる車両。その正体は、ホンダCBR650F(CB650Fでもいい)だ。

原付二種の新たな冒険バイクHonda「CT125」を徹底紹介!

何だ、サイドカバーに書いてあるじゃないかという人もいるだろう。でもそれは、製作者でありオーナーのバイクショップNEN・田中さんの遊び心。そう、ベースは現代の4気筒CBR。これにかつてのCBR400Fルックをまとわせたカスタム車両なのだ。サイドカバーに書かれたのは、そんなこの車両の素性を当時のCBR400Fと同じ位置、同じ書体で表現したものだ。

フレームまわりやエンジンまわり、前後17インチの足まわりは、まるごと今のCBR650Fノーマル。それなのに、顔つきから燃料タンク、テールカウルにシートまで、’80年代CBR400Fが違和感なくフィットされている。

「今こそ自分がほしいので、作ったという感じです。カタログを眺めていってベース車を決めて、パーツも必要なものを揃えていって。細かい部分で今はもうないものがある点や、どっちもCBRとは言ってもどうしても違う車両ですから、それを合体して生じてしまう違和感を消すのが大変でした」

そう田中さんは言うが、フレーム下にメッシュパネル(樹脂板材を買ってきて穴開け自作)を入れてタンク~フレーム間に妙な隙間ができないようにしたり、メーターケースはCBR400Fにほぼ同じと見つけたVTR(250)用を使ったり、ヘッドライトステーもライトもベストな位置に来るように工夫して……と、進んだ(これらの作業はNENのHP内“ねんぶつ”のページから動画で見ることが出来る)。CBR400Fの外観上の大きな特徴でもある角型ライト下オイルクーラーも装備する(ただしオイルはここには回していない、ダミーだ)。

「エビス(福島県)とかローカルなサーキットの走行会で、なぜかトップで走ってて、『あれ、何だろう?』って笑われる感じもコンセプトでした」と田中さんは続ける。前後17インチなのになぜかCBR400Fの16/18インチに見えてしまうこの車両、今はバザーズサブコンで細かい動力系セットアップも行われている。それにしてもこの完成度。久々のクリーンヒット、と思える1台だ。

Detailed Description 詳細説明
取材協力:バイクショップNEN
記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ
カスタムとメンテナンスのことならおまかせ!
Heritage&Legendsが取材した、いま話題のザ・グッドルッキン・バイクはこちら!
月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』最新号情報はこちら!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します