サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 埼玉工大 自動運転バス、信号機側ITS無線情報で自動停止・発進---オンライン授業も

ここから本文です

LiDARやGPS・GNSS、カメラ画像解析を基本とする後付けタイプ自動運転システム(レベル3)を搭載した自動運転バスは、公共車両優先システム(PTPS)で通信しながら走ると、どんな挙動を起こすか。そんな実証実験に、埼玉工業大学の自動運転バスが挑んでいる。

実証実験現場は、羽田空港。第3ターミナル(国際線)と東京モノレール・京急空港線 天空橋駅付近を結ぶ8の字コースを、10月下旬に1日10回以上も走行し、走行データを収集している。

この実験は、内閣府による戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動運転実証実験「東京臨海部実証実験」のひとつ。

おすすめのニュース

サイトトップへ